生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. エアコンを使わずに夏を乗り切るための方法

エアコンを使わずに夏を乗り切るための方法

2011年04月19日作成

 views

現代人にとって、もはや生活に欠かせなくなったエアコン。特に夏の暑さは、クーラーなしではしのげないという人も多いでしょう。

でも、電力需要が高まる夏だからこそ、できるだけ節電に取り組まなくてはいけないのもまた事実。

そこで、エアコンなしで夏を乗り切るための方法を、筆者の貧乏時代の経験をもとに、まとめてみました。

目次

ポイント1: 水風呂に入る

体を簡単に冷やすには、水風呂がいちばん。ただし、入り慣れていない人は体が驚いてしまう可能性もあるので、はじめのうちはぬるま湯程度の温度にしておいて、徐々に温度を下げていくようにしてください。

さらに「ハッカ油」を数滴たらすと、よりひんやりと涼しくなります。

ハッカ油の参考サイト

ポイント2:高機能ウエアを着る

薄着をするのはもちろん、高機能な素材を使ったウエアを選ぶことで、暑さを少し和らげることが可能になります。

吸湿性、速乾性に優れたものや、「接触冷感」という肌に触れるとちょっと涼しく感じる素材などいろいろ充実しています。

これらはデパートの肌着売り場や、「ユニクロ」などのショップでも売られているので、チェックしてみては?

ポイント3:「打ち水」をする

「打ち水」とは、地面に水をまくことで地熱を奪って涼しさを得られる、江戸時代から続く生活の知恵。

軒先やオフィスの前などにまくと、気分まで涼しくなるはずです。

夏場はすぐに蒸発してしまうので、朝、昼と1日2回ほど水をまきましょう。

ポイント4: 夏野菜を食べる

きゅうり、トマトなど夏野菜と呼ばれるものは体を冷やす効果があると言われています。

熱を通さず、そのまま食べるのがおすすめです。

ポイント5:髪を短くする

髪が長いと、その分熱がこもってしまうので、短めに切ってしまってはいかがでしょう?

女性の場合は、前髪をピンで留めたり、髪を束ねるだけでも違うはずです。

おわりに

補足として、暑い室内にこもりきりでいると、熱中症にかかる危険性もあります。

それを防ぐためにも、しっかり水分をとるように、心がけてくださいね。

本記事は、2011年04月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る