生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. エアコン・扇風機を使わずに暑い夏を乗り切る方法

エアコン・扇風機を使わずに暑い夏を乗り切る方法

2013年10月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

夏は暑いですよね・・・。長い冬が過ぎ、もうすぐ夏がやってきます。皆さんはどうやって夏を乗り越えますか?

扇風機やクーラーを使うという方もいらっしゃるでしょう。しかし、この「エコ」が叫ばれている時代。電気を使わないで涼しくなろう!ということも考えてみませんか?

家庭にあるものをちょっと工夫するだけで、簡単に納涼グッズが作れちゃうんですよ!

この記事では、使う物毎にポイントとして分けて夏を乗り越える方法を紹介します。

ポイント1: 氷を使って夏を乗り切る!

氷枕

ご家庭に、普段使っていない、熱が出た時用の氷枕はありませんか?氷枕を夜に普通の枕の代わりとして使うと、とっても快適に眠れますよ。

そのまま使ったのでは逆に寒くなってしまいますから、氷枕にバスタオルなど、大きめのタオルを巻いて使いましょう。

足下に置いても効果抜群です!

氷の襟巻き

タオルと氷をご用意ください。上の図のように(水色・白で書かれている四角が氷)、タオルの上に氷を並べ、氷を巻きます。

その上から、首に当たる部分にさっと水をかけ、そのまま首にかけましょう。ひんやりして、とっても気持ちいいですよ。

水をかけすぎると、びしゃびしゃになってしまいます。かけ過ぎには注意しましょう。

ポイント2: いつもの生活

シャワーを浴びる

暑いと、どんどん汗をかきますよね。放っておくとべたべたしてきて、どんどん暑くなります。

あついなーと思ったら、シャワーを浴びてみましょう。シャワーで涼しくなるこつは、普段よりちょっと温度を低めのお湯を浴びることです。そうすると、体表の温度が下げられ、汗も流せるので、さっぱりしますよ。

何度も浴びるようでしたら、髪はそんなに洗わなくてもいいですね。

布団を干す

とってもいい天気のときは、ベランダに布団を干して見ましょう。特にマンションの場合、ベランダの手すりに布団を掛け、物干し竿にタオルケットなどをかけておくと、部屋が全体的に日陰となります。

直射日光が入ってこなくなると、部屋の温度が少しずつ下がってきますし、太陽の光、熱で布団がしっかり干ささって、夜もぐっすり眠れるようになりますよ!

ポイント3: 王道!

うちわ

やっぱり、電気を使わないで涼しくなる方法の王道と言えば、「うちわで仰ぐこと」ですね!エコですし、簡単に持ち運べるのもいいところです。

「うちわで扇いでも暑い風しかこない・・・」というあなたは、軽くそよ風を送るように扇いでみてください。きっと涼しくなりますよ。

風鈴をつるす

少しでも風があれば、窓際に風鈴をつるしてみましょう。それで気温・室温が変わるわけではありませんが、やはり多少は涼しい気分があじわえますよ!

おわりに

本州では夏を乗り越えるのは大変だと思いますが、エアコンは体にいいわけではありませんから、涼しくなる方法をいろいろ試してみてくださいね!

(Photo by サングラス 3(写真素材 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110418174852
  • 20110418180549
  • 20110418180958

本記事は、2013年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る