生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. かわいい年下男性との恋愛を攻略する方法

かわいい年下男性との恋愛を攻略する方法

2011年04月18日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

最近世の中では、「年下男子」がブームのようです。「院生男子」という言葉が最近の『anan』で取り上げられていましたね(賛否両論はあれども)。

筆者の女友達で年下と付き合ったことのある・現在付き合っているという人は結構増えてます。

また最近気付いたのですが、人に年齢は関係ありません。年上でも年下でも、きちんとしている人はきちんとしています。

逆に、年上できちんとしていない人の方が「自分流」というものが固まり過ぎていて、変なクセも直らなかったりします。

逆に年下はまだ伸び盛りの時期といえます。素直な子だとなお良しです。年上がすると微妙なことでも、年下がするとかわいく見えて癒されます。

そんなかわいい年下クンを攻略する方法をご紹介します。

ポイント

大きな売りポイントは3つ。1つ目は、年上女子ながらの「おねえさんぽさ」。そして2つ目は「意外さ」。最後に3つ目は「話を聞いてあげる」こと。

年下クンがあえて年上女子のところへ来る際、何を求めているか考えてみましょう。当然のことですが、“年下女子にはないもの”となります。そこを把握して準備することで、年下クンをgetできるのかと。

以下、詳しく解説していきます。

おねえさんであれ

年相応にしゃきしゃきした感じを装いましょう。「おねえさんぽい」と思わせることがコツ。仕事でもプライベートでも、一見「きちんとしたおねえさん」というイメージを確立させればOK。

最初のうちはリードしておいて、そこから徐々に年下クンへバトンを渡していくかたちを取るのが理想的です。

ここは普通に社会人を2~3年やっていれば、素で対応できると思います。

意外と××

「おねえさんぽさ」からの「意外と××」、という感じに展開していくのがオススメです。簡単なのは「意外とドジなところがある」とか「意外と料理ができない」、「意外と素顔が幼い」など。

私は結構バカなので、ふつうにドジなことをしてしまっていると言われるのですが、「自分ドジじゃないし…」という人は、「素の部分」を相手に見せるだけでも違ってきます。

社会に出て作り上げている“しゃきしゃき部分”と、ある程度ありのままの“素の部分”を使い分けることで、年下クンへ親近感を与えておきましょう。

年上がたまに見せるナチュラルな部分にきゅんとくる、という年下の声をよく拾うので、効果的ですよ。

話をよく聞いてあげよう

一般的に、年上の人はよく話を聞いてくれる、というイメージはありませんか。(上に年上も年下もそう関係ない、とは書きましたが、大抵の場合ということです)

年下クンと付き合うとき、それらのイメージを逆に自分に置き換える必要があります。年下クンの話を聞いてあげる立場になるワケです。

年下クンが年上女子に求めることを、もう1度思い出してみて下さい。自分にはない大人の面です。「大人の包容力」を出す感じで、しっかり話を聞いてあげましょう。また話を引き出してあげることも重要。

また、悩みを相談されたときは、説教モードになったりするのではなく、まずすべてを受け入れてあげること。そして、「できていること」については褒めてあげること。ダメなことについては、きちんと忠告すること。基本的に褒めて伸ばしていきましょう。

基本的に男の人は話したがりなので、どの世代にも使えるテクですが、特に大事なことです。

おわりに

この3つは、年下に特に効果的というもので、基本的にどんな場合でも心がけておいて損はない内容です。

かわいい癒し系年下男子をGETすべく、がんばって下さい!

関連レシピ

本記事は、2011年04月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る