生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 「××君はCヨミかなー」 働きマンが使う恋愛キーワードまとめ

「××君はCヨミかなー」 働きマンが使う恋愛キーワードまとめ

2011年04月15日作成

 views

はじめに

働く女子、いわゆる「働きマン」な女の子たちの恋愛トーク、聞いたことはありますか。
それが「仕事の話ですか?」と思ったことはありませんか。

彼女たちは仕事をバリバリしている生き物。
あまりにも仕事熱心なため、恋愛の場面でも仕事モードを持ち込む場合が多々あります。

例:映画恋とニュースのつくり方

仕事と恋。
ここで切り替えができると良いのですが、彼女たちは「切り替えをしていない自分」を楽しんでいるようにも見えます。

ここで、働きマンたちが使う「独特な恋愛キーワード」を紹介します。
それはもう、ほぼ「仕事モード」なんです。

仕事を頑張りまくりなこと、認めてあげて下さい(笑)。
また、仕事の話と見せかけて、何のことを話しているか伏せることもできるので便利です。

以下、よく使われるキーワードを挙げていきます。

キーワード

案件

意味:彼氏候補になる男子

詳細:「イイな」と思える男子のこと。
自分にすくなからず好意を持ってくれていて、なおかつ自分も「イイな」と思っちゃう男子のこと。
もっと広範囲で言うと、自身の中で「あり」な男子のこと。

使用法:「今のところ案件は3件だよー」

追記:「案件整理」は、手持ちの案件を整理すること。
そのままですね。
流行の言葉で言うと「断捨離」のようなものでしょうか。

類似ワード:カード

新規

意味:新たに出会った男子

詳細:飲み会や紹介、何かの集まりなどで新たに出会った男子のこと。
逆に、元々抱えている「案件」は「既存」。

使用法:「最近、ご新規1件入ったの」

●ヨミ

意味:付き合える可能性、成就する可能性

詳細:「ヨミ」とは営業で使うワードです。
案件を受注する確度を%で表します。
それと同じです。
Aヨミ=90%以上と確度は高め。ほぼほぼ付き合うことになるだろう、というイイ感じな状況。
Bヨミ=80%くらい。もう1プッシュくらいでいけそうな状況。
Cヨミ=五分五分くらい。状況次第で形勢逆転は可能。
Dヨミ=確度は限りなく低め。諦めた方が良い。

使用法:「××君はCヨミかなー。一緒に遊んで愛想も良かったけど、大してあたしに興味持ってくれてないのがわかった」

アタックリスト

意味:こちらからアプローチをかける男子一覧

詳細:「案件」と似ていますが、こちらは女子自らアプローチをかけていく場合の案件リストのこと。
仕事を頑張る女子は、恋にも貪欲で上昇志向があります。
ステキな男子を手に入れるためにがんばるのでした。
フリーの身では、アタックリストはたくさんあった方が良いとされています。
仕事で営業をするときも、リストはたくさんあった方が良い。

使用法:「最近彼氏ほしいかもー」「ふーん。今のアタックリストは何件くらい?」

類似ワード:営業、営業をかける

活動

意味:出会いの場へ参加する活動のこと。
「飲み会」、「合コン」、「友達の紹介」などを進めていくこと。

詳細:恋愛に結びつく活動全般を意味します。
待ってるだけではだめで、積極的に動かない限り、イイ案件は来ないのです。
というのを、働きマンは理解していることが多いです。

使用法:「春だから、活動開始しようかな!」

ターゲティングする

意味:ターゲットを絞ること

詳細:自分が「どんな市場(タイプの人)」を好きで、狙いたいか絞った前提で活動すること。
そういう人は、どんな場所へいて、どんな職業で、どんなファッションで、どんなカルチャーが好きで…ということを自分なりに分析します。
そうした上で活動をすることで、効果が高まるということを、仕事を通じて働きマンは心得ています。
メール配信でも、すべての人へ送るより、案件によって特定の人々へ絞って送った方が効果が高いですよね。
それと同じです。

使用法:「なんかうまくいかないなー」「それ、ちゃんとターゲティングしてないんじゃない?」

類似ワード:市場分析、マーケティング

おわりに

会社に入ってから、社会人用語を覚えて以来、それがどの分野においても(プライベートでも)使える言葉だと知るようになります。
どんなことをするにせよ、上に挙げた事柄はしなくてはならないことなので。

かといって、恋愛においても仕事モードを持ち込まなくてイイじゃんという話ではありますが、そこはご容赦を(笑)。

ただ、このワードを覚えても、本当に「仕事の話」をしている女子もいることにご注意を。

本記事は、2011年04月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る