生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3. 子供の寝かしつけに効果的なレシピ

子供の寝かしつけに効果的なレシピ

2013年03月08日更新

 views

お気に入り

はじめに

寝かしつけ……世のママさんたち全員が一度は「誰か助けて!」と思ったことがあるのでは? 私もそのうちの一人です。これまで試してみて、これは効果的と思った方法をご紹介します!

ちなみに下記は現時点で生後約9ヶ月の赤ちゃんにこれまで実践した方法です。

昼間から夕方にかけて30分だけでも子どもとアクティブに遊ぶ!

いわゆる疲れさせる、というやつです。もう各自どんな方法でもかまいませんが、とにかく、赤ちゃんの全身の筋肉を使わせるように仕向けましょう。

自分が疲れてはダメなので、基本的に泣いたりしたとき以外はできる限り抱っこしない、というのが基本です。ハイハイがまだの赤ちゃんと遊ぶときは自分も寝っころがりながら対応する、など自分が疲れないようにしましょう

アクティブに動いた例(あくまで参考です)

  • 寝返りがまだの赤ちゃん

布団の上で寝返りの練習を15分したあとに、ベビーマッサージ10分

  • ハイハイがまだの赤ちゃん

飛行機ブーン(自分が疲れない程度に)
寝返らせてハイハイの特訓(メニューをきめて●セット、と何度か繰り返すのが大切です)

  • ハイハイ済みの赤ちゃん

わきの下を支えるようにして、歩く練習(自分の足の甲の上に赤ちゃんの足を乗せて一緒に歩く。自分もあまりつかれないのでオススメです!)
自分は椅子に座って、赤ちゃんを立たせて自分の足の間に軽くはさみ、歩行器のようにする(赤ちゃんが後ろに転倒しないように気をつけてください!)

土日はとにかくお父さんの出番です。お母さんよりも力の強いお父さんが赤ちゃんとぐりぐり遊んであげるのがとっても重要です!

 音楽をかける

寝るときに決まった音楽をかけるようにします。保育園などでもお昼寝のときにそうしているようですね。

 アロマ(精油)を利用する

もともとは、鼻づまりを解消するために、とはじめたアロマですが、寝る時間だと認識させるのにも一役かっているようです。アロマディフューザーやアロマを利用できる加湿器などと一緒に使うとよいようです。

実践したのは、ユーカリティーツリーというアロマです。すーっとする香りなので、眠りにも入りやすいかもしれません

おわりに

コテン!と寝てしまう日とそうでない日があるのですが、我が家の場合は、これで「おやすみなさい」とはっきり言って、うやうやしく部屋の扉を閉めますと、10-20分くらいで添い寝なしで寝てしまいます。(実際にはドアをあけてちょくちょくみているのですが、ごろごろ転がりながらも寝てしまいます)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100610164056

本記事は、2013年03月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る