生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 「その言い方、ひどくない?」 彼氏が店でクレームをつけたとき、上手にたしなめる方法

「その言い方、ひどくない?」 彼氏が店でクレームをつけたとき、上手にたしなめる方法

2011年04月11日作成

 views

彼とデートしている最中に、入ったお店の店員さんの態度が悪く、彼が激怒してしまったら、その日のデートは台無しですよね。

一度頭に血が上ると、なかなか引かないものです。店員さんにしつこくクレームをつけて、周りに迷惑をかけてしまったり、恥ずかしい思いをしないために、頭に血が上っている彼を冷静にする方法を紹介したいと思います。

クレームをつける彼の上手なたしなめ方

大人を強調する

男のプライドを尊重しながら、上手にたしなめるのが、良い女の鉄則です。彼を頭ごなしに叱ったり、「恥ずかしいじゃないの!」という言い方は絶対にしてはいけません。

「○○君は、大人なんだから、もうこのくらいで許してあげようよ。」と、大人を強調してたしなめてみましょう。店員さんよりも自分のほうが大人だと、彼に意識させることで、態度にも変化が見られるでしょう。

ただ文句を言っていた彼が、店員さんに教育するような立場に変わります。ケンカ腰でクレームをつけている彼に、有効な方法です。

考え方を変える

例えば、彼が、飲食店で間違ったメニューを出されたことに腹を立てたとします。そんな時は、「このメニューも食べてみたかったし、ラッキーだったじゃん。」と、プラス思考な別の考えを話しましょう。

また、態度の悪い店員さんがいた場合には、「私たちは、ああいう人にはなりたくないね。気付かせてくれてよかったね。」と、気持ちを切り替えてあげましょう。

その場を離れる

とりあえず、腹を立てたその場を離れましょう。少しずつ気持ちを落ち着かせてあげることが大切です。

クレームをつけている彼を、引っ張ってでも外に連れ出し、「このお店はもうイイから、他行こう!」と切り替えてあげましょう。

彼が少し落ち着いてきたら、腹が立った店員の話をじっくり聞いて、共感してあげることも大切です。

意識を自分に向ける

店員さんに腹を立ててクレームをつけているときの彼は、実は自分のことで頭がイッパイ。彼女のことなんて、これっぽっちも考えていません。

あまりにしつこく、彼が店員さんにクレームをつけているようなら、「私の気持ちも考えて。今、デート中だよ?」と、彼の意識をこちらに向けましょう。

思いやりのある彼なら、せっかくのデートを台無しにしてしまったことに気付いてくれるでしょう。

意識を周囲に向ける

周囲が目に入らないくらい腹を立てている彼には、「見て。他にもお客さんいるから・・・ここで文句言うのは迷惑になると思うよ。」と、周囲に意識を向けてあげましょう。

周囲に人がいて、自分が恥ずかしい立場にいると気付いた彼は、とたんに冷静さを取り戻してくれるでしょう。

彼がクレームを止めてくれたら

彼が、彼女の諭しを聞いてくれ、クレームをつけるのを止めてくれたら、まだ治まりきらない彼の怒りを鎮めてあげることも大切です。

何か飲む

とりあえず、気持ちを切り替え、場所を変えたら、何か飲み物を飲みましょう。苦手でなければ、コーヒーを飲めば、カフェイン効果で気持ちが落ち着きますよ。

参照:コーヒーと健康

話を聞く

彼の気持ちを、気が済むまでとことん聞いてあげましょう。途中で口を挟むことなく、とにかく聞き役に徹します。余計な口を挟むと、彼の気持ちを逆撫ですることもあるので気をつけましょう。

褒める

話を聞き終わったら、「そうだね。腹立つよね。でも、それを許してあげられた○○君は大人だね。さすがって感じ。あの店員さんも、これから気をつけるんじゃない?」と、彼を褒めてあげましょう。

おわりに

彼の性格やシチュエーションによって、クレームのたしなめ方は異なると思います。一番、そのときの状況に合った方法で対処してください。

アフターケアの方法で、今後の彼との関係も、大きく変わってきますので、諭した後も、きちんと彼の気持ちに寄り添うようにしましょう。

(photo by 足成 スーツ姿の男性 工藤隆蔵)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110408235550

本記事は、2011年04月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る