生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 新人女性社員がお局さんに好かれるスタイルのコツ

新人女性社員がお局さんに好かれるスタイルのコツ

2011年04月08日作成

 views

新入女性社員のみなさん、新しい人生のスタートです。あなたがとても素晴らしい女性でも、あなたのスタイルがあなたのイメージをプラスにもマイナスにも変えてしまいます。

服装やヘアー、メイクだけが全てではありませんが、まずは、見た目から人はあなたを判断します。

ここでは、年上の女性社員から好まれるスタイルをご紹介します。

新入社員のスタイルのコツ

会社に敬意を示したスタイルで出社しましょう

多くの志願者の中からあなたを選んでくれた会社です。入社当初はその会社に敬意を示したスタイルで出社しましょう。

まずは、就職活動中のあなたを思い出しましょう。リクルートスーツに好感の持たれるヘアー、メイクでしたね。そうです、まずはその延長と考えて、スーツスタイルに少しインナーなどであなたの個性を出してみてください。

個性を出すのは待って!清楚なスタイルを心がけましょう

ヘアー、メイクも普段は少し派手めで個性を出しているあなたは、まずは新入社員として自覚を持って清楚なスタイルを心がけましょう。

派手な巻き髪やメイク、明るすぎる髪色もまわりの女性社員に合わせて調節することも大切です。「私のスタイルなのに・・・」と、言っているあなた!社会は見た目の個性を出す前にあなたの内面のよい個性を発揮する事が順番が先です。

高価なブランド品は控え目にしましょう

また、アクセサリーも控えめに。カルチェの指輪やシャネルマークのピアスなど一目でブランド名が分かるものは年上女性社員の厳しい目線を浴びる事があります。アフターファイブに活躍させてくださいね。

徐々にあなたらしいスタイルに変えていきましょう

ゴールデンウィーク、給料日後から変え時です

スーツスタイルはあなたの本当の姿ではないなんて思っているあなたには徐々にあなたらしいスタイルに変えていくことも大切です。

それでも、いきなりの変化も今までの敬意が台無しになります。ゴールデンウィーク明けや給料日後などをきっかけにスーツスタイルから普段のスタイルに徐々に変えていきましょう。

新入社員という自覚を持ったスタイルを心がけましょう

まずは、膝丈スカートやジーンズを避けたパンツスタイルにブラウス、カットソー、アンサンブルのカーディガンなどは誰からも好まれます。

スカートやパンツの色もまずは落着いた色柄から始めましょう。

胸元は深く谷間が見えないか、はだけないかなどもチェックしましょう。気にする年上女性社員いもいます。

靴はヒール7センチを越えるものは初めの頃は控えましょう。

カジュアルすぎる服装には気をつけましょう。ジーンズやスニーカーが好きなボーイシュなあなたも会社は仕事をするところであるので、たとえそんなスタイルの年上女性社員がいたとしても新入社員の常識の範囲であなたらしいスタイルを考えてください。

服装やヘアー、メイクだけではありません。意外とあなたの爪も見られています。長さと色目に気をつけてください。

「アフターファイブはデートです。」など、いかにも分かるようないかにもデートスタイル、合コンスタイルなどはいらぬ噂や関心、嫉妬をかわれる事もありますのでご注意を。

「どんな服装にしていいのか?」と迷った時はあなたのお母さんや、あなたを良く知った友達のお母さんにアドバイスをしてもらうのもいいでしょう。

おわりに

社会人スタートしたばかりのあなたに少し辛口だっかもしれませんが、社会ではあなたの実力よりもまずは人間関係から築いていく事が大切だと思います。

そのためにも、内面も重視ですが入社当初はどうしても見た目からあなたの人格を判断されがちです。

心無い年上女性社員の間で「茶髪の子」「ケバイ子」などのあだ名がつけられないように気をつけたいものです。

あなたが年上女性社員と打ち解けあう事ができた頃からあなたの見た目の個性を発揮する出番です。

それは、あなたの本当の常識が問われる時期でもあります。あなたらしい個性を出して、誰からも好かれる素敵な社会人になってくださいね。

(Photo: By 足成
(Photo: By 足成
(Photo: By 足成
(Photo: By 足成
(Photo: By 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20110408054921
  • 20110408060542
  • 20110408055116
  • 20110408060314
  • 20110408055751

本記事は、2011年04月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る