生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon mentalメンタル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 無気力をなくす7つの試み

無気力をなくす7つの試み

2014年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

「何故だかモチベーションがない」、「チャレンジする気持ちが何も無い」、「ボーっとしてしまう」、「どうしたらいいんだろう」。そんな精神的手詰まりな状態にある時に、実践すると気力を取り戻し無気力症候群から脱する方法をご紹介します。

無気力をなくす7つの試み

1:できる!

「私はできる!」と自己暗示をかけます。しつこいくらいにかけます。そして、「できなくても生まれるものは必ずある」と発言します。これによって、失敗に対する恐怖や不安を回避し、意気を上げることができるでしょう。

2:ビジョンをもつ

自分はこうなる、ああなるといった想像を膨らませます。ただ想像するのではなく、具体的であればあるほど効果的でしょう。

その思い描いた自分に近づくために、「少しずつ努力していこう」という考えを刷り込めばいいのです。意欲の乏しい状態から脱しましょう。

3:健康管理

体調や栄養管理は大切です。また、適度な運動もある程度心を健康に保ってくれます。ただ管理するのではなく、その管理が理想の自分に近づけるという実感を得られるように工夫しましょう。元気がない状態から抜け出すことができるはずです。「朝が辛い!」「疲れた!」「イライラする!」そんなことはなくなるでしょう。

例:運動とビタミンのおかげで、肌にツヤができて、また少しイケメンに近づいた!

4:違っていても

理想や予定と違っていても気にしないことです。自分の想像とのギャップは精神的に追い詰め、無気力を誘発します。その枠の中で、自分は違った進化を遂げると確信するのです。投げやりな気持ちから抜け出すことができます。

5:最低限

最低限こなせばいい単純作業を探し、それに取り組んでみましょう。それだけでも達成感を得られ、次に着手する意欲が沸くかもしれません。甘えではありません。できることから始めましょう。

6:バカになる

「一生懸命努力して、私は完璧になるんだ!」と考えるのはやめましょう。あえて、バカになって、今ある作業をゲームやスポーツのように気軽なジャンルと捉えて実践してみましょう。それだけでも、気持ちは軽くなり、気力を取り戻すことができるでしょう。

7:笑み

1~6のステップが踏めない場合は、笑顔や笑いがでるような状況を作ります。お笑い番組を見る、好きなアイドルのDVDを見る、パソコンを自作するといったふうに人それぞれ趣向は違いますが、なんらかの方法で笑顔はでるはずです。笑って無気力を克服しましょう!

すると、1~6のステップが苦もなくできることが多々あります。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110707105217

本記事は、2014年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る