生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. フレッシャーズ向け!デスクでランチするときのマナー

フレッシャーズ向け!デスクでランチするときのマナー

2011年04月04日作成

 views

新入社員として入社したばかりのあなた。毎日が緊張の連続でしょうね。慣れないのは仕事の事ばかりではありません。休憩時にタバコ1本吸うのもどうしたら良いかと悩む方もいるはず。

昼休憩のランチも頭を悩ませる事の1つでしょう。周りの先輩はどうしているのか、どんな物を持って行けば相応しいのか考えてしまいますよね。

ここでは、新入社員の方のために会社のデスクでランチをする際のマナーについて考えていきましょう。

目次

持ち弁のマナー

近くに外食する所がなかったり、タイムカードを押したら「外出禁止」の会社の場合などは必然的にお弁当を持っていく事になりますね。

汁気の多いおかずは避ける

デスクは本来、仕事をするための物です。デスクの上にはパソコンがあります(ある所が多いと思います)。そして重要な書類もあります。

汁気の多いおかずを持って行って万一パソコンにかかったり、重要書類を汚すようなことになったら「大変」では済まされません。

お弁当素材からは汁が出ないように気をつけましょう。

臭いの強いおかずは避ける

休憩が終わればそのままそこで仕事を始めるわけですから、臭いが残れば仕事に集中できない人も出てきます。臭いの少ない物を詰めるように心がけましょう。

こぼしやすい素材は避ける

ポロポロした素材のおかずはデスクの上や床を汚す原因になります。食べた後に掃除するのも面倒なことですよね。

お弁当は大きめのランチクロスの上で食べることをお薦めします。

買い弁のマナー

大人になってまで「ママが作ったお弁当」というのも何だし、自分で作るのも面倒くさいし。という方はコンビニなどで買って持って行く事になります。

大よその注意点は持ち弁と同じです。

カップラーメンは極力避けよう

カップラーメンは「持ち弁」の項に書いた「汁気が多いもの」です。会社によっては社員のほとんどがカップラーメンを食べているという所も多いでしょう。

食べる時は、パソコンや書類に充分に気をつけて食べるようにしましょう。

豪華すぎるメニューは避けよう

コンビニで色々と見ていると、あれもこれも美味しそうに見えて、ついついフルコースのように買ってしまう方もいることでしょう。

しかし、ランチの時間は限られています。しかも、あなたは新入社員の身ですから「何だか人目を引くような物」は避けた方が無難ですよね。

「ずいぶん良い物食べてたようだから、午後はバリバリ働いてもらわないとね」などと嫌味を言われる可能性も大です。

残さない

デスクでランチするという事は休憩が終わったらその部屋で仕事するという事ですから臭いが残るのは好ましくありませんよね。来客がある可能性もあります。

臭いを残さないためにも食べ残しは避け、ゴミ箱に容器を捨てる前に簡単な水洗いで良いので汚れを流すように習慣づけましょう。

一斉休憩ではない会社の場合の注意

会社によって休憩時間の形態は様々です。一斉に休憩に入る会社もあれば、仕事のけりが付いてから自分のペースで休憩を取る会社もあります。店舗のように順番で休憩を取る会社もあります。

隣の人に気を配る

一斉休憩ではない会社の場合は、他人が何をやっていようが気にしない人も多いです。しかし、お腹が空いているのに仕事に追われてカリカリしている人もいることでしょう。

あなたが食べている横で仕事をしている人がいる場合は、音をさせたりベラベラ喋ったりせず、控えめに食事を済ませましょう。

休憩室へ行こう

休憩室がない会社の場合は仕方のない事ですが、休憩室や食堂が用意されているのに面倒くさいからとデスクで食べる人もいます。

食事は休憩室でとるようにしましょう。休憩のための部屋が用意されている場合は、それがルールです。

ネットをやりながら食べたいから、と思う人もいるかも知れませんが、休憩とパソコンに触れる時間は分けましょう。パソコンから離れる時間も大切ですよ。

おわりに

休憩時間は仕事の時間と区切りをつけ、身体や頭を休ませる大切な時間です。それはあなた以外の誰にとってもそうなのです。

だからこそ、人に迷惑を掛けず、あなた自身も他の人たちも充実した休憩時間を送れるようにお互いに配慮していきたいものですね。

「新入社員」ではなくなる時が来ても、その初心は忘れずに過ごして下さいね。

本記事は、2011年04月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る