\ フォローしてね /

元寿司職人から学ぶ!「太巻き寿司」の巻き方

近年は「節分の日にその年の縁起のいい方角(恵方)を向いて無言で太巻き寿司をまるかぶりする」恵方巻きが普及し、太巻きを手作りしたり食べたりする機会も増えたように思います。

コンビニやスーパーで買う人も多いのではないでしょうか?実はこの太巻き、作り方さえマスターすれば本当に簡単なんです!太巻きは見栄えがよく、豪華に見えるのも嬉しいところ。ちょっとしたパーティーにも重宝しますよ。

ここでは、元寿司職人が伝授する太巻きを上手に作るポイントをご紹介します。

用意するもの(1本分)

  • 酢飯…茶碗1杯分
  • 板海苔(約20cm×約20cm)…1枚
  • 寿司ネタ(海鮮以外に、焼肉レタスなどもオススメ)…適量
  • まきす (なければラップでもOK)

キレイな太巻きの作り方

STEP1:まきすに板海苔を乗せる

まきすの手前ギリギリのところに、板海苔を乗せる。(以下イラストではまきすは省略)

STEP2:酢飯を乗せる

板海苔の奥を3cmほど残して、酢飯を薄く乗せる。

STEP3:ネタを乗せる

酢飯の真ん中より少し手前に、ネタを乗せる。

STEP4:巻く

板海苔の一番手前部分が、赤い点線にくるように持っていく。

STEP5:形を整える

そのまま半回転させ(まきすは巻き込まないように注意)初めに残した3cm余白部分の海苔が下にくるようにして形を整えれば完成。

成功すると、きれいな『のの字』ができますよ。

少し時間を置いて切ろう!

巻きあがったら、すぐに切るのではなく海苔がある程度なじんでから切るようにしましょう。切り方は8等分が基本。真ん中を切って半分に、その真ん中を切って4等分、そのまた真ん中を切って8等分にしましょう。

オススメの太巻きレシピはこちら!

太巻きパーティーにもいかが?

はじめはうまく『のの字』にならかったり、形がいびつになってしまうかもしれませんが、慣れれば必ず上達します。

中身は海鮮に限らず、おにぎりの具になるようなものなら何でも合います。ですからこのテクをマスターするだけで、料理のレパートリーが広がること間違いなしです。

中身の違う太巻きを何種類か作って、太巻きパーティーも楽しいですよ!

(image by 写真AC)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。