生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 三重県を満喫するポイント「食」を押さえる方法

三重県を満喫するポイント「食」を押さえる方法

2011年04月01日作成

 views

お気に入り

はじめに

日本列島の真ん中辺りに位置する三重県。

隣県以外の人からは「三重県ってどこだっけ?」と言われてしまうことが多く、存在感が強いとは言えない県ではありますが、実は知られざる食の宝庫。

地域の名前がついた素材をはじめ、美味しい素材が多いのです。

ここでは、三重県のアピールポイントとして、三重を満喫するのに外せない食材を教えます。

三重県を満喫するポイント「食」を押さえる方法

下記に三重県の地名が付いた、代表的な食材を紹介します。

その地名のエリアにある旅館やホテル、レストランで提供しているので、そこへ足を運んだら大体手に入るでしょう。

全国でも有名な食材を、これだけ1つの県で味わえるのも珍しいと思います。

伊勢エビ

昔から慶事には外せない伊勢えびは、名前の通り伊勢地方名産のエビ。

立派な姿かたちから、そのままの形を残して料理に使われることが多く、お造りのお刺身やうどん、雑炊に入れて贅沢に食べたり、と様々なメニューで楽しめます。

松阪牛

全国の優秀な血統の子牛を、名前に付いている松阪周辺地域で肥育された処女牛の黒毛和種である、松阪牛。きめ細かな霜降りが特徴です。

焼き肉やすき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキ等、食べ方は色々。色んな料理で、柔かい上質なお肉を堪能できちゃいます。

的矢カキ

志摩の的矢湾で獲れる的矢カキは、この地方の冬の名物。身がふっくら大きく、濃厚な味が特徴です。

生や炙り焼きでシンプルに味わうほか、フライ、天ぷら、釜めしとして一緒に炊き込むのも美味しいです。

的矢カキならではのジューシーな味を楽しめます。

安乗フグ

志摩の安乗(あのり)漁港 を中心に水揚げされる、天然トラフグである、安乗フグ。

冬の時期に獲れ、淡泊な割に上品な味わいで、この地方の名産です。

お刺身や鍋、唐揚げなど、こちらも食べ方は様々。大人はお酒とお刺身、子どもには唐揚げ等、年齢によって好みも分かれるかもしれません。色々な食べ方で楽しめます。

お土産として、それぞれの素材を使った煎餅やチップなどもあり、気軽に関連商品を買い求められます。ぜひ、立ち寄った旅館や道の駅で探してみましょう。

おわりに

いかがでしたか?

上記の他、桑名のハマグリや、志摩地方のアワビなど、地名と食材とがセットになっていなくても、有名な素材は沢山あります。

北からも南からも行きやすい、日本の真ん中に位置する三重県。

美味しいものが地名についていて、肉も魚介もあるので、色んな味わいを求められます。

「食」を満喫できる三重県に、ぜひ遊びに行ってみてください。

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20110331220649

本記事は、2011年04月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る