生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 通勤時・混んでいる電車の座席に高確率で座れる方法

通勤時・混んでいる電車の座席に高確率で座れる方法

2011年03月31日作成

 views

「仕事やレジャーなどでとても疲れてしまって、どうしても電車の座席に座りたい!」という経験は若い方でもあると思います。

朝の通勤電車でも長時間乗らなければ目的地に着かない場合など、座っている人が恨めしく感じられるものです。

ここでは、どうしても電車の座席に座りたい時に高確率で座ることができる方法を考えていきましょう。

時間が掛かってでも座りたい時

「少し時間が掛かってでもとにかく席をゲットしたいんだ」という時に確実に座る方法です。

始発駅に行く

「始発駅」が現在地よりもそれほど遠くない場合の事ですが。ひと駅くらい戻れば始発駅だという場合は始発駅に行きましょう。始発駅ならば、どんなラッシュ時でも何本か待てば確実に座ることが出来ます。

ひと駅戻れば折り返すなどという場合は、そのまま乗っていれば確実に座れますよね。

ちなみに、ひと駅戻るのは、その分の料金を払わなければならない事なので、いつも座りたい場合はあらかじめ始発駅からの定期を買っておく必要があります。

各駅停車に乗る

朝も帰りも急行は当然混んでいます。各駅停車に乗る人というのは急行が停車しない駅で降りる人がほとんどですから、座れる確率が高くなります。

乗客を観察する

座っている人を見渡して早く降りそうな人の前に立つ方法です。

学生の制服をチェック

学生さんの場合は制服でどの駅で降りるか解りやすいですよね。見た目大学生の人も、大学がある駅で降りる確率が高いです。学生さんが座っていたら、前に立ちましょう。

新聞や本を読んでいない人

新聞や本など時間潰しグッズを持っている人は、長時間乗る確率が高いです。そのような人の前は避けましょう。

カップルはデートスポットで降りる確率大

途中駅に原宿、渋谷など、いかにも若者が遊びに行きそうな駅がある場合、カップルや若者2人組は降りる確率が高いです。狙ってみましょう。

乗換え駅は席を取るチャンス

通勤、通学に関わらず、他の路線との乗換え駅になっている所では誰でも降りる確率が高いですね。その駅が近づいて来たら本をバッグにしまい始める人、そわそわし始める人が必ずいるはずです。

乗っている人の様子に目を配り、降りそうな気配がする人の方に近づいていきましょう。

おわりに

通勤で毎朝同じ車両に乗るようにすると、同じ時間帯に乗る人が途中で降りる駅が見えてきます。何日か観察して顔ぶれと降りる駅を覚えましょう。

では、明日は良い席が取れますように。この記事が貴方の通勤ストレスを減らすお役に立てれば幸いです。

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20110330205530

本記事は、2011年03月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る