生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 3ヶ月で149.5勉強時間達成できたGoogleDocsによる自動見える化のやり方とその効用

3ヶ月で149.5勉強時間達成できたGoogleDocsによる自動見える化のやり方とその効用

2015年02月23日更新

 views

お気に入り

はじめに

このレシピの主旨

勉強記録を見える化する簡単な仕組みを最初に作ることで、日々の勉強のモチベーション継続を目指します。

イントロ

色々勉強したい!と思って勉強を始めたものの、3日坊主になってしまう経験ある方少なく無いかと思います。私はしょっちゅうそういうことに陥ります。

どうしても継続したい勉強があった場合、毎日「記録」することが継続の鍵となると良く言われます。(参考:「「朝2時起きで、なんでもできる」の私の書評」)

ただ、「その「記録」することが億劫だから継続できないんだよっ!」そんなところを解消するのが今回のレシピの主旨です。

  • なお、タイトルの時間についてですが、2010年3月〜5月の著者の勉強時間(英語)が149時間と30分でした。(149時間が多いとは思っておりません。ひと月で150時間勉強されている方もいらっしゃるので、、、あくまで一つの事例として捉えていただければと思います)
  • 本レシピは、77日中3日しかサボってない英語勉強法のSTEP2の詳細内容となります。
  • (参考)著者スペック:会社員30歳。大学受験時代のセンター試験70点、TOEIC 445点、TOEFL ibt トータル27点の英語弱者が1年間でTOEFLを留学可能なところまで押し上げるために無理してます苦笑

最大の工夫点 「記録の見える化を仕組み化しよう!」

最初に仕組みを作ってしまえば、後はそこに勉強時間を入れ込んでいくだけです。今回は現在私が実行しているGoogleDocsを活用した勉強記録方法を紹介します。

なお、この方法は友人から教えていただいたことをこの場を借りて報告します。友人ありがとう。とても良い方法なので勝手にレシピ化します笑

最終的な目指すイメージ

フォームに毎日、記録したいことを入力するだけで、

毎日の勉強記録が

「自動」で見える化

効用

こうして、記録をつけていくと、「俺、結構がんばれてる?(自己満足してほくそ笑む)」「これだったら、120分と言わずに、180分いけるんじゃないか?」「体調悪いからそりゃ40分だよね」みたいなコトが色々わかりますし

めげそうなときにも、「毎日ここまでやってきた連続記録を止めるのか?」「10分でも良いから、毎日記録を止めたく無い」などの葛藤が起きたり、などなど自分の勉強を客観的に見ることが出来ます。

そんな感情が、継続のモチベーションを維持してくれます。

用意するもの

やり方

すごく細かいので、ご存知な箇所は随時省略してください

STEP1 Googleドキュメントにアクセス→データを作ろう

Googleログイン後、トップ画面のその他の「ドキュメント」から進めます。

新規作成ボタン→スプレッドシートを選択しましょう。

「未保存のスプレッドシート」をクリックしてデータの名前を決めよう。

STEP2 フォームを作ろう

フォーム作成画面に進む為に、フォーム→フォーム作成から進みます

質問内容を入れて完了を入れます。

私は教材名を入れてます。教科やカテゴリなど、ご自身の勉強の種類や規模感に合わせて入れてみれば良いと思います。

また、色々質問形式を選ぶことも出来ますが、ココではテキストが一番無難だと思います。なお、私は日程をいつも一番上に入れております。

質問内容の変更は右の編集、追加は上の「アイテムの追加」から

ドラッグ&ドロップで質問箇所の上下入れ替えなんかも出来ます。

ってなことで、以下みたいに作ってみました。

一番下のURLから、実際の入力フォームに進めます。

参考:実物はこちら

私はこんな風に使ってます

一番上にその日程、各教材に何分費やしたかを入力してます。

STEP3 見える化を自動化しよう

適当にデータを入れてみました

範囲を選択して

挿入からグラフを選択します

グラフ設定をします

今回は一番最初の画像の推移グラフを自動化します。

ここが一番大事です!
  • 種類を「列」
  • サブタイプを「積み上げ」(左から2番目)
  • グループデータを行→列
  • データが「B1:E5」となっているところを「B1:E32」(一ヶ月分)に変更
  • 行1をラベルとして利用にチェック
  • 列Bをラベルとして利用チェック
  • グラフを保存 とすると、、、

グラフが出来ました

テスト:フォームで入れると、、、

テスト:自動でグラフが更新されます

グラフはURLで公開出来ます

もしよかったら、以下でお試しみてください
- 入力フォーム
- 公開グラフ

コレを書いている時点で先着24名様ぐらいまでお試しいただけると思います。

上記の作りは数字以外でも何でも入力されてしまうので、数値以外が入ると多分バグリます。基本的に個人が使うものを想定しているので、そこは許してください!

おわりに

公開グラフをブログパーツとして公開することなんかも出来ます。

Twitterでブログに公開しているグラフに付いて何回か問い合わせをいただき、需要があるのかもしれない?と思って今回細か目にレシピ化させていただきました。

個人的には、77日中3日しかサボってない英語勉強法で書かせていただきましたように、Twitterとブログも同時並行させると定量/定性両方で記録が付けられるのでよりよいと思っておりますが、ハードル高い!と思われる方は、おそらく定量だけ続けて行くことがまずは一番簡単なのではないかと思います。

著者も自分のブログ「black-tamの早起きは10文の得!でひたすらに記録をつけまくり、また、この自動グラフで日々の進捗を管理しています。そうすることで、モチベーションを維持しております。

少しでも皆様の勉強継続の参考になりましたら嬉しいです。

筆者が書いた勉強関連に関するその他のライフレシピ

筆者(black-tam)の勉強記録

インターネット経由なら簡単に同じ目標をもっている同志がつながれ、モチベーション維持に役立ちます。一人で頑張るのにはすぐ限界がきてしまう、という方はブログやTwitterで「同志」を見つけてくださいね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100603043558
  • 20100603042751
  • 20100603042543
  • 20100603042012
  • 20100603042119
  • 20100603044533
  • 20100603044732
  • 20100603045050
  • 20100603045137
  • 20100603045739
  • 20100603045914
  • 20100603050102
  • 20100603050334
  • 20100603050616
  • 20100603050653
  • 20100603051247
  • 20100603051349
  • 20100603051707
  • 20100603051624
  • 20100603051807

本記事は、2015年02月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る