生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. すぐに使える!ご高齢の方と会話が弾むネタ

すぐに使える!ご高齢の方と会話が弾むネタ

2011年03月30日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

ご高齢の方と話す時って、なにから話せば良いかわからないですよね。でもちょっと視点を変えれば、身近に会話のネタは転がっているんです。そこで、ご高齢の方との間柄別に、すぐ使える会話のネタをまとめてみました。

同居の家族の場合

ご両親&ご本人の青春時代

一緒に住んでいるおじいさま、おばあさまと話すときネタがなかったら、まずみなさんのご両親のことを聞くのがよいと思います。特に青春時代。

「父OR母は、思春期どんな性格だった?」「ああ見えて昔はどうだった?」など思いつくままに聞いてみましょう。お互いが知っているご両親のことですから、話が盛り上がるはずです。

おじいさま、おばあさまの青春の思い出を聞く場合は、恋愛話を聞いてみるのはいかがでしょうか。顔を赤らめて話してくれるかも知れません。お互いの距離がグッと縮まるのではないでしょうか。

たまにしか会わない親戚の場合

最近の様子&自分の話

ご親戚の場合「最近、風邪引いてない?」「花粉症は大丈夫?」など、お相手を気遣う言葉を投げかけてみましょう。「あっ、自分のこと気にかけてくれているんだな」とお相手は受け止め、久しぶりでも会話がしやすくなります。

次に「私は風邪引いてないよ!」「最近はこんな仕事してるよ」など、自分の近況を話してみましょう。久しぶりという緊張感がほどけたあとなら、ご親戚のおじいさま、おばあさまもあなたの話に耳を傾けているはずです。

少し悩みを話してみたら、ご高齢の方ならではの考え方を教えてくれ、意外にスッキリするかもしれません。

親族ではない、ご近所関係の場合

挨拶・天気&地域話

ご近所の場合、あたり前ではありますが、まず挨拶からはじめてみましょう。「おはよう」「こんばんは」という気持ちの良い挨拶は、お相手の心を開くきっかけになります。

次に会話の中に今日の天気を入れたり、ご親戚の方に話すとき同様、お相手を気遣うワードを入れて話してみましょう。「今日はいい天気だね」「最近、寒いね。体調崩してない?」など、会話が続けやすいはずです。

地域話としては、食品スーパーや薬局などの話はいかがでしょうか。「Aスーパーは今日特売だったよ」「B薬局は品数が豊富だよ」など、ご高齢の方の耳に届きにくい直近の情報を教えてあげれば喜ばれるはずです。

どんな間柄でも使える話題

昔の遊び&最新お菓子情報

ありきたりかも知れませんが、あやとりはじめゲンコツを使った手遊びなどは、ご高齢の方だから教えてもらえること。会話のネタにもなりますし、やってみると楽しい遊びは多いですよ。

あと、ご高齢の方は意外と甘いお菓子が好きだったりするので、今流行のお菓子やひとくちサイズで美味しく食べやすいお菓子を教えてあげましょう。お菓子の話であれば、会話のネタ探しに焦ることなく、すぐできる話ではないでしょうか。

おわりに

年月を積み重ねているからか、ご高齢の方の笑顔や深い言葉って、温かみを感じますよね。ご高齢の方を大切にしながら仲良く一緒に過ごしていきたいものです。

それは共通の会話ネタが見つかれば、可能だと思います。この記事がみなさまのご参考になれば幸いです。

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20110329165645

本記事は、2011年03月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る