生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 避難所などで子どもが不安を感じているときにしてあげる対処法

避難所などで子どもが不安を感じているときにしてあげる対処法

2011年03月29日作成

 views

大きな災害に遭った時、心に傷が残るのは大人も子供も同じです。今までとは生活が一変してしまい、大切な物を失った子供も多いことでしょう。

大人と違って子どもは大きなストレスを抱えている事が解りにくいことがあります。ニコニコしていたり大人しくしていたりするからといって、決して平気なわけではありません。

ここでは、避難所などでストレスを抱える子どもの不安を取り除いてあげる方法を考えていきましょう。

目次

運動をさせてあげる

東北関東大震災の避難所でも、プロチームによる子どもたちのサッカー教室などが行われたといいます。夢中で身体を動かすことは、少しの間でも子どもたちに悪い記憶を忘れさせます。

スポーツを教えてあげる

キャッチボール、サッカー、バスケットなど、ボール1つあれば出来るボール遊びをさせてあげましょう。指導できる人がいなくてもある程度見てあげられる人がいれば充分でしょう。

大切なのは公平に目を配ってあげることです。上手く出来る子も出来ない子もいます。1人1人、できる範囲でやらせてあげましょう。

鬼ごっこなどで走らせてあげる

それほど場所を取らない範囲で走らせてあげましょう。「ハンカチ落とし」なども狭い範囲でできるので良い遊びですね。小さい子も参加できるようにしてあげて下さい。

好きなことをさせてあげる

元々インドア派だった大人しくスポーツが苦手なタイプの子どもに、レクリエーションだからといって無理強いすると、その遊びさえも子どものストレスになりかねません。

本を読み聞かせてあげる

読み聞かせは本を紹介すると共に子どもの心を育てる教育の1つです。ここでは、子どもの心を癒すような優しい本を選んで読んであげましょう。

自分で読みたい子には、声を出させて読ませてみましょう。声を出すことはストレスの解消に繋がります。

絵を描かせる

「絵を描く」ということは、心療内科でも実際に治療法として使われることもあるほど心の中を吐き出せる事です。絵の好きな子どもには、絵を描かせてあげましょう。

お手伝いをさせてあげる

被災地では、子どもでも周りの大変な状況は解っています。大人が忙しくしている中、自分も役に立ちたいと思う子供もいることでしょう。

料理を手伝わせる

自炊している避難所や自宅避難をしているお宅では、子どもにご飯作りを手伝わせてあげましょう。上手に出来ないのは当然です。混ぜるとか何かを入れるとか、そんな簡単な事だけでも良いのです。

子どもに、自分も役に立つのだという喜びを与えてあげましょう。

掃除をさせてあげる

これももちろん、遊びの範囲で簡単な事だけでもやらせてあげましょう。自分で出来ることは何でもやってあげず、自分でやらせましょう。

報道番組を見せない

現状や知人の安否を知るために大切な報道番組。ライフラインが繋がっている地域では、どうしても見続けてしまうと思います。

しかし、災害の瞬間を何度も繰り返す報道番組は、被災地の子どもではなくてもショッキングです。悲しいことを何度も思い出すことになるでしょう。

報道番組を流し続けている部屋には、なるべく子どもを入れないようにしましょう。

一緒に遊んであげる

避難の続く生活の中で子供と遊ぶ時間を取るのは難しいことかもしれませんが、交代でも良いしボランティアの方でも良いのです。子供に楽しい時間を与えてあげましょう。

学研電子ストアでは、避難生活が続く子供たちのために、「保育お助けハンドブック」を無料配信しています。

道具の要らない昔ながらの楽しい遊びのやり方が紹介されているので、ぜひ利用してみて下さい。

こちらの記事も参考にどうぞ。
[nanapi:25270]
[nanapi:25269]
ダンボールだけでOK!子どもが喜ぶ立体パズルの作り方

おわりに

中には、子どもの笑い声が耳障りだという方もいらっしゃるかも知れません。それを我慢しろと言うのも集団生活の中ではまた勝手な言い分になります。子どもの遊びは遊べる場所を作って、そこで行うようにしましょう。

子どもの笑顔がある場所は、みんなが元気だといいます。将来、大きなトラウマとなって残ることがないように、小さな子どもの心に気を配ってあげてください。

(Photo by 足成
(Picture by KUKO)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110328181853
  • 20110328165820

本記事は、2011年03月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る