生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 子育てしやすい町「姫路市」のオススメポイント

子育てしやすい町「姫路市」のオススメポイント

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

世界遺産「姫路城」がある町、兵庫県姫路市をご紹介します。

残念ながら、写真のように、姫路城は平成23年3月現在「平成の大改修」の真っ最中ですが、この町に嫁いできて、暮らすのには、子どもを産んで育てるには、この町はとても良いところだなと思うようになりました。

子育てについて

子どもが遊ぶ施設

子どものための施設としてぜひ紹介しておきたいのが、手柄山遊園地姫路市動物園です。

どちらも、小ぢんまりとした遊園地と動物園ですが、幼児~小学校低学年くらいまでのお子さんだったら、半日は十分楽しめる内容になっています。

そして、何より入園料が安い。

遊園地で、一人100円。動物園に至っては、大人200円、子どもなら30円です。親子で行っても、500円玉一枚あれば、楽しむことができます。

保育園・幼稚園

姫路市にはたくさんの保育園と幼稚園があります。

わが子は私立の幼稚園に通っていたのですが、保育園でも「入れない」という話はあまり聞いたことがなく、働いているお母さんにも優しい町だと思います。

また、私立の幼稚園でも時間外預かり保育ということをされていることが多いので、毎日じゃないけれどパートの日だけ時間外も預かってほしいということにも対応してもらえます。

園バスを広範囲にわたって走らせている園がとても多いので、多少園から遠いところにお住まいでも、通わせられる園の選択肢はかなり多いと思います。

児童館

市内には各地に児童館があり、さまざまなイベントが催されています。

また、姫路市すこやかセンターと言うところでは、子育て学習センターという半年間通して子どもと一緒に子育てに関するいろいろなことを学べる催しがあり、毎回たくさんの親子が参加しています。

きっと初めての子育ても、姫路市なら仲間がたくさんできて楽しめるはずですよ。

周辺環境について

買い物施設

姫路駅前には小さいながらも2件の百貨店があり、商店街にもたくさんの店舗があります。郊外にはイオンの大型ショッピングセンターがなんと3件もあり、マックスバリュをはじめとするスーパーマーケットも多数あります。

また、ベビー用品専門店「西松屋」の本社が姫路市にあることから、市内各地に店舗があり、子育て中に必要なものもすぐ近くで手に入れることができます。

「ここでしか買えない!」と言う物はないけれど、必要なものは全部身近なところでそろえることができます。

交通機関

郊外に住む場合は車はあった方が便利ですが、市内には多数のバス路線もあり、不便はあまりないと思います。

電車では、姫路駅から神戸までは約40分・大阪までも約1時間なので、通勤圏内です。

また、姫路駅は新幹線「のぞみ」も停車しますので、西へ東へ旅行や出張・里帰りなどでの移動もとても便利です。

おわりに

ちょっと田舎という印象は否めない姫路市ですが、そんな「娯楽が多すぎない」ところが、ある程度の年齢まで子どもを育てるのにはちょうど良いなと感じています。

私だけでなく、ほかの土地から嫁いできた友人はみんな同じことを言うので、やはり姫路は子育てしやすい町なんだと思いますよ。

ぜひ、姫路へおいでください。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110325215642

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る