生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 俳句で日本人の感性を豊かにする方法

俳句で日本人の感性を豊かにする方法

2013年11月02日更新

 views

お気に入り

はじめに

俳句は日本独自の文学

(墨絵は筆者の水無月イメージ)

俳句とは、一瞬の感動を、短い言葉に凝縮した日本独自の文学です。ここでは、その魅力についてお伝えしたいと思います。

俳句の魅力とは?

季節にときめく

テーマの中心が自然なので、今まで気づかずにいた四季のうつろいや風景に注意が注がれ、日本人が大切にする季節を愛でる感受性が高まります。

自分を深く知ることも

野原や庭で咲いている花や草、微妙に移りゆく空気感や光の量、梢でさえずる小鳥、旬の野菜や果物などを見た自分の心の動きに、敏感に反応するようになります。そして、冷静にその反応を文字にすることで、折々の状況に対する自分の心の動きがわかり、自分を深く知ることができます。

季語への関心はDNAを刺激

俳句の中には「季語」を入れなくてはいけません。季語は、主にお天気、風景、植物、動物などその季節を表現する言葉です。季節感への細やかな感性は、農耕民族である日本人(江戸時代までは90%がお百姓)のルーツにさかのぼるもの。昔は天候や季節の変化が、そのまま稲や作物の収穫に影響していたことから、自然への関心が暮らしと切り離せなかったそう。

つまり、季節への関心が、眠っていた日本人のDNAを呼び起こしてくれるステップになります。

17音で、即、できあがり

五七五の17音と、季語を入れる約束さえ守れば、俳句はできあがります。簡単ですね。

やせ蛙 負けるな一茶 これにあり  蛙=春の季語
そよ風が ページめくる 日曜日   そよ風=夏の季語
紫陽花の むらさき揺れる 通り道  あじさい=夏の季語
つばめ来て もう1年がすぎ 時早し つばめ=春の季語

思いついたら、一句さらさら。作る時に大切なことは、物事を見てドキッとしたりハッとしたら、その感動の波が消えないうちに早く言葉にすること。感動も生モノなんですね。

おわりに

上達のコツは多くの名句を読み、句を書き、自分の作品を練ることです。何事についてでも、ゴミレベルでなく、本物のよいものを見たり聞いたりすることはとても大切です。

梅雨時の 室内プレイは 俳句かな!

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100601194817

本記事は、2013年11月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る