生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon beauty美容・ビューティ

  1.  
  2.  
  3. プロっぽいメイクにする方法

プロっぽいメイクにする方法

2011年03月25日作成

 views

女性が大好きなメイクは、毎日の大切な儀式のようなものですね。

でもメイクって思ったよりうまくできなくて、気付くと厚塗りになってしまっていたり、変に大人っぽくなりすぎたり、変に子供っぽすぎたりと素人には加減がなかなかうまくつかめません。

私もメイクがあまり得意ではないので、そういった悩みも多くて何度も失敗をしたことがあります。

そんな私がメイクの仕事をしてる知人から、簡単でメイクがプロにすこし近くなる方法を教えてもらったので書いてみたいと思います。

素人でもすぐ取り入れられることばかりなので気軽にやってみることができます。

目次

ポイント1: ベースをとにかく丁寧に

プロと素人のメイクの違いはとにかくベースの丁寧さが違うんだそうです。

プロは、ベースをすごく丁寧に作り上げることにほとんどの力を注ぐといっても過言ではないそうです。

洗顔をして基礎化粧品で整えてから、下地作りをとにかく丁寧に時間をかけて塗りこむという作業をすること。これがいちばんメイクがより映える方法なのだそうです。

これができてるのとできていないのとでは、メイクの綺麗さがぜんぜん違うのだそうです。

逆にいうと、これができていれば素人でもプロっぽさを出すことができるということですね。

ポイント2: うすい色を重ねる

アイメイクにしても、リップメイクにしても、素人の人は綺麗な発色を出そうと思って、派手に色をつけてしまいがちです。

プロの人のメイクは、薄付きのアイカラーやリップカラーをよく使っているような気がします。

あわててすぐに塗りこんでしまわないで、薄く色をつけたら、様子を見てぼかし、そのうえに少しづつ色を重ねていくと上品な色が出るそうです。

それをアイカラーもリップもチークも丁寧にやることがポイントになっているそうです。

ポイント3: 光をどこかに取り入れる

プロのメイクのいちばん素敵なところは、垢抜けているイメージが出せることです。

素人ではいまいちできないのがセンスのいい垢抜けたメイクアップ術。

プロの人のようなメイクに簡単に近づけるには、顔のどこかに1点、光を取り入れてみるといいそうです。

すると、顔の表情に垢抜けた雰囲気が出せてきれいなメイクに見えるそうです。

目元や、口元のあたりがいちばんやりやすいかなと思います。パールやラメの入った化粧品をうすく重ねると光を出すことができるそうです。

おわりに

女性にとってメイクは毎日のことなのでやはり素敵なイメージを作りあげていきたいなと思います。

ちょっとした簡単なやり方でメイクがうまくなるのならぜひ取り入れてみたいなと思います。

友人たちからもどこか変えたメイク法に気付いて素敵だねとほめられるかもしれません。

(illust by 著者)

著者:ミントスフレ

本記事は、2011年03月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る