生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 整理下手のための究極のノート術

整理下手のための究極のノート術

2014年03月16日更新

 views

お気に入り

はじめに

著者は整理が苦手で、電話を受けながらとったメモや大切な領収書などをよく紛失します。

それらを探していると時間ももったいないし、イライラするので健康にもよくありません。

なんとかいい方法はないかと考えていたところ、興味ある本に出会いました。

欲しい情報がすぐに見つかる

情報は一冊のノートにまとめなさい

情報を分類していろいろなところにしまっていないでしょうか? たとえばメモは机の右端にまとめておく。領収書はスクラップブックに貼っておく。スケジュールは手帳に書く・・・というふうに。

でも、よほど整理がうまくいっていない限り、何をどこへしまったのかを忘れてしまい、探すことがあるはずです。

そんなひとに目からウロコの本があります。情報は一冊のノートにまとめなさい(奥野宣之著 nanaブックス刊)

時系列で情報を整理

この本では毎日のすべての情報を一冊のノートに書きためていくことを勧めています。大切なメモや領収書も入手した日付のページに貼っておきます。

こうするとノートを繰るだけで、または目当ての情報がありそうな日付のページを探せば欲しい情報が手に入るというわけです。あちこちを探す必要はなく、時間も無駄になりません。

どんなノートが適しているか

入手した大半の情報をまとめるわけですから、やはりある程度の大きさが必要です。最低でもB6サイズのノートをお薦めします。

著者の場合、昨年はバッグにも入れやすいコンパクトさを重んじてモレスキンのダイアリーを使いました。(写真上)

けれどもこれは案外厚ぼったくて書くのも持つのも使いづらいことが分かりました。

そこで今年は無印良品の三つ折りノートを使用しています。左からカレンダー、週間スケジュール、ノート欄と三つのスペースが確保されています。

厚みもそこそこで書きやすく、値段も1000円以下でリーズナブル。これはなかなか使いやすいですよ。(一番上の写真)

情報を探すムダがなくなった

情報を一冊のノートにまとめるようにしてから、メモや人の連絡先など大事な情報をあまり探さなくて済むようになりました。ストレスも減りました。

本当は日付と情報の内容をエクセルの表にしてパソコンに整理しておくとなおいいようです。

最後におまけのレシピですが、ノートに情報を素早く書き込むためには筆記用具が必要です。

写真のペンフォルダーはノートの表紙にボールペンや万年筆を常時付けておくことができる便利モノ。筆記用具を探す煩わしさもなく、ノート術が進むことうけあいです。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110324222304
  • 20110324230755
  • 20110324231749

本記事は、2014年03月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る