生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3. 体調を整える9の法則

体調を整える9の法則

2014年08月05日更新

 views

お気に入り

はじめに

大切な約束や用事があるので、体調を整えておきたい時のライフハック。

内容は目的の日まで一週間前と前提としてます。

体調を整える9の法則

1:睡眠を適切にとる

睡眠が短すぎても、長すぎてもいけません。

人によって適切な睡眠時間が異なると思うので、自分に合った睡眠時間でのサイクルを作りましょう。

一般的にいわれてるのは、6~8時間程度です。

2:コリを解消する

肩や腰の張りやコリは、他の部分でかばってしまい、全体的に疲労が蓄積する場合があります。

マッサージ、湿布などを併用し、体のコリを取っておきましょう。

3:食事を適切にとる

栄養をしっかり摂らなくてはいけませんが、食べすぎは厳禁です。

食べすぎは胃のもたれや腸の疲弊に繋がり、体の疲れや人によってはアトピー症状が出ます。

4:運動を適切にする

自分にとって適切量の運動をしておきましょう。

運動不足は、予期せぬケガや体力の低下を招きます。

5:バスタイム

お風呂にゆったりと入ることで、全身の血行と筋肉の張りを改善できることでしょう。

20分ほど入浴(できれば半身浴でのぼせないように)していれば、新陳代謝を高める効果が期待できます。

6:ストレスを溜めない

ストレスによって、胃潰瘍、胃炎、下痢や嘔吐などを発症します。

なるべくストレスを溜めず、趣味などで発散しましょう。

7:靴を新調しない

靴を新調し、履き慣れていないせいで足や腰に負担がかかり、大切な日が台無しになることもあります。

靴はなるべく履きなれたものが望ましいでしょう。

8:湿度と温度を保つ

湿度と温度が低いと、風邪やインフルエンザにかかりやすい傾向にあります。

湿度が足りない時は加湿器で50~60%程度にし、部屋の温度は暖かめにしてなるべく服は薄着ではないものにしましょう。

9:清潔にする

帰宅後の手洗いとうがいは勿論のこと、外出先での衛生面も気をつけます。

たとえ出先でも、食事をする際や口にアメなどを入れるときは手洗いしましょう。

おわりに

季節の変わり目は体調を崩しやすいものです。

無理せず、油断せず、という気持ちをもち続けて管理しましょう。

本記事は、2014年08月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る