生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. これから車を買う人へ!駐車場の探し方と覚えておきたいポイント

これから車を買う人へ!駐車場の探し方と覚えておきたいポイント

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

初めて車を買う場合、期待が大きいかと思います。

自宅に駐車スペースが確保できれば良いのですが、そうでない場合は注意点が、あります。買った車を停めておくスペース(車庫・駐車場)の確保が必要だからです。

ポイント1: 車庫

車を買うにあたって、その車を「どこに置くのか」が問題です。つまり「車庫」です。車庫は駐車スペースです。自宅に車庫がなければ、駐車場を借ります。

ズバリ、車を買うには、お金が必要なだけではなく、「どこに置くか」を証明することも必要になるのです。

車を買って、「どこか、そのへん」に停車させておくのは、いわゆる「青空駐車」です。禁止されています。仮に自宅の玄関前であっても、ずっと停車させ続けていると「違法駐車は、やめましょう」と言われてしまいます。

ポイント2: 車庫証明

自宅に車庫(ガレージ・駐車スペース)があれば問題ないのですが、そうでない場合には、きちんと「駐車場」を確保しなければなりません。

きちんと駐車場を確保していることを証明してくれるのが「車庫証明」です。

車を買ったら必ず「車庫証明」を届け出ることになっています
車庫証明の取り方の詳細はこちらをご覧下さい・・・車庫証明

ポイント3: 駐車場

駐車場を借りるのなら、不動産会社です。

「駐車場」も、「賃貸一戸建て」や「賃貸マンション」と同じように、賃貸物件として扱われています。

試しに、近所の不動産会社を見てください。オススメ物件の中に、「駐車場」の貼紙があることも。不動産会社を1軒見ただけでは相場は分かりにくいと思います。

相場を知りたいときは、インターネットで検索するのがオススメです。

インターネットで検索する場合、まずは不動産情報を検索しやすいサイトで、操作慣れしておくと良いですよ。

不動産検索はこちらをご覧下さい・・・BIGLOBE住まい

ポイント4: 駐車場検索

車庫証明の条件で、自宅から車庫となる駐車場までの距離は、2km以内でなければなりません。でも、意外と2kmは範囲が広いので、東京などでは複数の「駅」が候補になることも多いです。

区域を選択するときは、必ず「自宅から2km以内」を念頭に置きましょう。

車庫証明をクリアする条件は、自宅から駐車場までの距離は2km以内です

以下、駐車場検索方法の一例をご紹介します。

STEP1

「BIG LOBE 住まい」のサイトを開きます。

「賃貸」の欄の「駐車場」をクリックします。

賃貸駐車場が表示されます。「アットホーム」をクリックします。

STEP2

自分の住まいの地域が借りたい駐車場の地域になります。区域を選択します。

地域の最寄駅で選べます。

STEP3

選択項目を入力、チェックしていきます。

検索条件を入力します。

表示された該当駐車場候補を見ます、「詳細」を見ましょう。

ここで即決しようとする必要はありません。検索をして詳細を見ていくことで、相場が自分なりにわかるようになります。相場を知ることが、まずは大切です。

STEP4

不動産情報としての賃貸駐車場は、意外と更新されます。時間に余裕があるのなら、こまめにチェックするのがオススメです。

こまめなチェックにオススメなのが、こちらの検索欄です。カンタンに検索するのなら、この検索欄がオススメです。

ポイント5: どちらに近いと便利? 自宅or駅

自宅から近いほうが駐車場は便利か、というと、そうとは限りません。

生活スタイルによって違います。

電車利用の多い人(通勤含む)

駅が自宅から2km以内であれば、駅近くの駐車場も選択肢のひとつになります。1人暮らしの場合は、自宅と駅は自転車で利用します。

なので、駅近くで「駐車場」「駐輪場」のふたつを揃えられる環境であれば、かなりオススメです。

家族がいるなら(高齢者、子供含む)

急な病気で病院に行くことも考えられるので、自宅の近くがオススメです。

ただし、自宅と駐車場との間に、「信号待ち」が、なるべくない環境を選べると、かなり便利です。

もしもふたつ候補の駐車場があって、ひとつが「近いけど信号がある」のと「遠いけど信号がない」となると、信号待ちがないほうがストレスが少なくて済みます。あくまでも2km以内ですし、「通いやすさ」がポイントです。

おわりに

車を買ったら「車庫証明」は必須なので、まずは車庫証明に必要な条件である「自宅から2km以内」を意識しましょう。

転勤などで人の流れが発生しやすい春は、空き駐車場の発生しやすい時期です。まずは検索サイトで相場を知り、こまめに不動産会社をチェックしていきましょう。

(イラストとキャプチャPhoto by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110323005505
  • 20110323002025
  • 20110323002158
  • 20110323002330
  • 20110323002438
  • 20110323002458
  • 20110323002943
  • 20110323002956
  • 20110323003035
  • 20110323003251

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る