生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4. キッチンペーパーの3つの活用法

キッチンペーパーの3つの活用法

2011年03月24日作成

 views

はじめに

キッチンペーパーは、破れにくく、一度キッチンに置くとクセになるくらい便利なものです。油を敷いたり、汚れを拭き取ったり、食品の水分や汚れを拭きとる以外にも、有効活用できる方法がたくさんあります。

キッチンペーパー活用術

その1 お掃除

キッチンペーパーの丈夫さ、保水性を利用して、お掃除にどんどん活用してしまいましょう。使い捨てなので、汚れのひどいところや、衛生的にお掃除したい部分には得に活用できます。

キッチンペーパーを活用したお掃除方法には、2つの方法があります。まず、一つ目は、キッチンペーパーを濡らして拭き取る方法。

キッチンペーパーは、しっかりと水を含み、しかも、濡れても破れにくいので、軽く濡らして汚れを拭き取り、汚れたら捨てます。

油汚れには、洗剤を薄めた液を含ませましょう。

次に、キッチンペーパーを貼り付ける方法。換気扇や、ゴムパッキンのカビなどのしつこい汚れに効果的です。

キッチンペーパーに、中性洗剤やカビ取り剤をしっかり含ませ、しつこい油汚れ・カビ汚れに貼り付けて、しばらくおきます。あとはキッチンペーパーを剥がして、気になる汚れをブラシでこすり、洗い流せば良いだけです。

汚れのひどいところに、洗剤が集中的に働きかけてくれるので、キレイに落ちますよ。

また、壁などに飛び散った油汚れや、カピカピになったゴハン粒も、しっかり洗剤や水を含ませたキッチンペーパーを貼り付けてしばらく置けば、ふやけてキレイに取ることができます。

その2 蒸す

肉マンを温めたり、イモ類などの野菜をチンする際に、充分に湿らせたキッチンペーパーでくるんでチンすることで、蒸したようにふっくら、ホクホクと仕上げることができます。

素材の旨み栄養分を逃さず調理できる方法ですので、どんどん活用しましょう。

その3 おしぼり

子供のお口を拭き取りたいとき、ティッシュを利用する方が多いと思います。ですが、ティッシュはすぐに破れてしまいますし、乾いたティッシュでごしごしこすれば肌を傷める上に、イマイチ汚れが取れません。

そこで、キッチンペーパーを湿らせたものを、おしぼりとして一つ、食卓に用意しておきましょう。濡れても破れにくく、使い捨てなので衛生的で安心です。しかも、ウェットティッシュよりも安上がりです。

おわりに

キッチンペーパーの用途は、工夫次第でどんどん広がります。とくに、小さな子供がいる家庭では、大活躍すること間違いなしです。安くて便利なキッチンペーパーを、どんどん活用してしまいましょう。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110321224000

本記事は、2011年03月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る