生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 友達とお店を開こう(フリーマーケット編)

友達とお店を開こう(フリーマーケット編)

2011年03月23日作成

 views

はじめに

お店を開いてみたいけど、いきなり本格的に始めることに抵抗のある方、家の不要品を処分したい方、簡単にお店を開いてみませんか?

そんな方々にお店としてのフリーマーケット利用方法をご紹介したいと思います。

フリーマーケットの利用方法

開催概要を調べる

まずは、WEBや地元情報誌などからフリーマーケットの開催情報を入手します。

確認しておきたい項目は以下です。

  • 登録料(出店料)
  • ブースの広さ
  • 開催場所
  • 開催時間と雨天時の対応
  • フリーマーケットの規模
  • 車の使用可否
  • 販売商品の種類
  • 商品台やテントなどの用意

この辺りは実際にお店を出すときにも考える項目と同じです。特にフリーマーケットで気をつけたいのが規模です。

それなりの出店料を払ってたくさんの商品を準備していても、フリーマーケット自体の来客が少なければ、当然自分たちのブースに訪れる人はそれ以上に増えることはありません。

なので、フリーマーケット自体の規模は結構重要なのです。

また、商品以外に自分たちで用意しなければならないものも確認しておきましょう。

マーケット規模が大きくなると、小さい所よりも出店料が高めの傾向です

友人・知人を誘おう

自分だけだと販売できそうな商品が少なすぎたり、当日の搬入やブース運営も大変になります。

友人や知人を誘いあわせて、出店料を割り勘して役割分担すれば、各自楽しみながら運営できます。

当日来られない人でも代わりに商品や物を販売してあげるのもコツです

他のブースで買い物をする

販売するのはもちろんなのですが、フリーマーケットの魅力は安くて良いものが手に入るところにあります。

出店者でありながらも、お客さんとして他のブースで買い物をしてみては如何でしょうか。

実際に販売していたものに代わるものを買い換えるつもりだったところ、フリーマーケットで良質なものを見つけて購入できることも有り得ます。

自分たちと同じように出店している人達とも仲良くなれたり、また新たな出会いがあります。

実際に買い物をしてみて、買いやすいブースの状況を参考にしながら自分たちのブースへ取り入れていくことも大切です。

出店しながらお買い物もしちゃいましょう!

おわりに

フリーマーケットは実際にお店を開きたい人には、安価に色んな体験が出来る非常に良い機会です。

趣味や興味で参加する人にも楽しめるイベントなので、利用する価値は十分にあります。

未使用品や使える物は、ゴミ箱へ捨てる前に検討してみてください。

(Photo by http://www.ashinari.com/2008/05/22-004449.php

この記事で使われている画像一覧

  • 20110322160706

本記事は、2011年03月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る