生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3. 「子供たちのいじめ」のSOS信号の見分け方

「子供たちのいじめ」のSOS信号の見分け方

2011年03月23日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

昨今では、子どもの態度に何らかの異変が見られた場合は、ほとんどは「子供同士のいじめ」が原因だと考えても、まず間違いないはずでしょう。

しかし、違った時は、「いじめ」と判断して、ムリに解決を押し進めようとすると、本当の「いじめ」に発展したりとか、家族間での不和にもつながりかねません。

いじめと確定しきれない「子供のシグナル」

一般には、子どもに以下のような兆候が見られたら、いじめられている可能性が高いと言われています。

元気が無くなる

いじめられてなくても、悩みや心配事があれば、誰だって元気を無くします。

その子が暗くなった原因は、失恋かもしれないし、学業不振や部活での伸び悩みかもしれないし、いじめはいじめでも「学校や教師のいじめ」なのかもしれません。

あるいは、家庭内でのもめ事こそが本当の原因かもしれないのです。

学校の話をしなくなる

思春期の子どもは、親をうざったく感じだす場合があって、そうなると、いじめとは関係なく、親には自分の事を何も話さなくなってしまいます。

「いじめ」の場合の特殊なシグナル

子ども間のいじめの場合、被害者の子どもは特殊なシグナルを出します。

それが「いじめ隠し」です。

被害者の子どもは、自分がいじめれている事を親や大人には隠そうとするのですが、それが逆に不自然な行動となり、「子ども間でのいじめ」が原因だとしか考えられないシグナルにもなるのです。

入浴時間が長くなる

年頃の子どもはオシャレでキレイ好きになるので、やや見分けづらい部分もあるのですが、なぜか子どもの入浴時間が長くなった場合は、いじめが原因かもしれません。

皮膚にじかに(マジックなどで)書かれた悪口や落書きを時間をかけて消しているのかもしれないのです。

そうでなくても、「汚い」とか「バイキン」などと中傷されていて、精神的に追い詰められて、必死に体を洗っている可能性もあります。

厚着を好むようになる

流行のファッションなのかもしれませんが、手足に受けた傷を隠している可能性も大です。

真夏の暑い日に平凡な服で厚着しているようでしたら要注意です。

こっそり自分の貯金をおろす

カツアゲされている危険性があります。この状態が続くと、子どもは自殺に追い込まれる恐れがありますので、この段階で、親は正確に子どものシグナルを受け止めなくてはいけません。

子どもが万引きした場合も、本人の意志ではなく、いじめっ子に強要されたのかもしれませんので、頭ごなしに叱るのは避けましょう。

教科書に悪口が書かれてある

「いじめられている証拠」になるので、被害者の子どもは、いじめっ子に壊された道具とかは内緒で処分してしまいます。

しかし、悪口などを書かれても、捨てられないのが教科書です。いじめの確信を得たければ、その子がいない間に、その子の教科書類をこっそり調べてみましょう。

本当に悪質な悪口が書かれていた場合、そうとうなショックを受けると思いますので、事前に十分な心の準備が必要ですが。

おわりに

こうした、いじめ独特のシグナルを、子ども自身は、気付いてほしいからではなく、気付かれたくないから発していると言う事を、絶対に間違えてはいけません。

いじめれている確証を得たからと、その子にいじめの事実を突き付けるようなマネをすれば、余計に、その子を追い詰めてしまう事にとなりなねないのです。

我が子がいじめられていた場合の正しい対応法につきましては、ナナピ内にすでに優れたレシピが多数寄せられていますので、そちらを参考にしてください。

参考文献/anurito・著「新編 かげこの玉手箱」

(Photo by anurito<コミPo! にて作成>)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110321153957

本記事は、2011年03月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る