生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 初めてフリーマーケットに出店するあなたに贈る・フリーマーケットに参加する方法

初めてフリーマーケットに出店するあなたに贈る・フリーマーケットに参加する方法

2011年03月23日作成

 views

フリーマーケットに行かれた経験がある方は意外と多いはず。昔からガレージセールなど個人のお宅で開催されていた「自分の家で不要になった未使用品や中古品を売るセール」のことですね。

大きなフリーマーケット(フリマ)は公園などで定期的に開催され、見るだけでも楽しいものがあります。

ここでは「見る」だけではなく「出店」してみよう、と思うあなたに向けて初めてのフリーマーケット参加方法を書いていきましょう。

目次

参加できるフリーマーケットの探し方

たまたま通りがかった公園などで行われているフリーマーケット。参加するには一体どうしたら良いのでしょうか。

どうやって探せば良いのか

地元の情報誌はマメにチェックしましょう。フリーマーケットの出店情報は案外たくさん転がっています。地元スーパーの掲示板もチェック。ここにも近所のフリーマーケット情報が転がっていますよ。

どんな会場が良いのか

初めての出店は近所で開催される会場にしましょう。有名な大きいフリーマーケットへ出店する練習にもなります。

また、初めての時は、「出店してみたら、あると便利そうなグッズを思いついた」というような事が度々起きるかもしれません。そのためにも家まで難なく往復できる距離をお薦めします。

ネットで見つけるフリーマーケット

フリーマーケット情報を掲載しているサイトをリンクします。お近くの会場が見つかるといいですね。

出店する前に、必ずそのフリーマーケットの様子を下調べしましょう。みんながどんな風に出店しているのか、どんな物が売れそうなのか偵察して下さい。

下準備

さて。申し込みが終わって抽選にも当たり、ブース(ご自分の出店スペース)を確保する事が出来ました。では出品する物の下準備をしましょう。

出品する物の下準備とは

汚い物を汚いままで出品したら売れないのが当たり前ですよね。洋服類はきちんと洗濯してアイロンをかける。シミがないかどうか確認して出来る限りのシミ抜きをする。それが大事です。

オモチャや電化製品は動くかどうかの動作確認を。後でクレームの元になります。生活用品は出来る限り磨きをかけましょう。

当然の事ですが、状態が新品に近いほど売れ行きは良く高値で売れます。下準備には怠りなきように。

値段のつけ方

値札を付けずに交渉でその場で価格を決めていくという手もありますが、初心者には荷が重過ぎますよね。値段は最初から付けていきましょう。

Yahoo!オークションなどで出品、落札されている価格を調べて合わせて行くと良いでしょう。

価格は最終的には値切られるのがお約束です。それを見越して高めに付けて行くという手もあります。

どんな商品を用意していけばいいのか

服に関しては圧倒的に売れるのがブランド品です。ブランド品だったら少々のほつれやシミは我慢してもらえるかも知れません。

ノンブランドに関しては未使用でもせいぜい200円くらいしか付けられないと思っておいた方が良いでしょう。また、大人の服よりも子供服の方がよく売れます。

生活用品は値段次第。未使用の皿などは安値で大放出してみると良いでしょう。

スポーツ用品が意外とよく売れます。テニスラケット、ゴルフのクラブ、バットなど。また剣道の防具関係はフリマで探している人が多いアイテムです。

フリーマーケットの心得

初めて出店する時は、考えもしなかった事が起きてビックリすることも多いかも。覚悟して行きましょう。

色々な人がいる

お客さんには、しつこく値切ってくる人、クレームつけてくる人、何だか恐い人など、色々な人がいます。(泥棒もいます。)初めて出品する方、特に接客業の経験のない方にとっては、辛く感じることもあるかも知れません。

何かあってもキッパリした態度で断れることも肝心です。言われるままに値引きばかりしていたら値札の意味がなくなります。しつこくて困った人が現れたら周りの人やフリマ主催者に助けを求めましょう。

フリーマーケットの楽しさは物が売れる楽しさの他に、人と接する楽しさもあります。値段交渉の駆け引きも会話も楽しんで行いましょう。

売れ残りそうだったら早めに値引きを

閉場ギリギリに値下げしようと思っていたら、天候が変わってお客さんが居なくなってしまったり、思っていたよりもお客さんの引きが早かったりする事は多いです。

たくさん売れ残り品を持ち帰らなくて済むように、値下げは午後になったらすぐに行った方が良いかもしれません。周りの様子をよく見て判断して下さい。

おわりに

いかがでしょうか。やってみると意外と簡単で楽しいものですよ。一度出店したら病み付きになって、他人の家の物まで請け負って出品する人もいるくらいです。

あなたもぜひ、この記事を機会に挑戦してみてください。

本記事は、2011年03月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る