生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. フリーマーケットで賢く楽しく買い物する方法

フリーマーケットで賢く楽しく買い物する方法

2011年03月23日作成

 views

不用品を売ってお金に変えたり、必要なものを安く入手できるフリーマーケット、参加したことはありますか?

お店で買うのとはまた違う、売り手と買い手の直接のやりとりが楽しく、料金もあってないようなもの、交渉次第でもっとお得に買えることもある、とても面白い場です。

そこで、フリーマーケット初心者のために、まずは買う側として参加する場合の注意点をご紹介します。

その1:フリマ情報を集める

フリーマーケットに参加したことのない人は、まずはその雰囲気を知るためにも買う側として参加してみることからはじめてみましょう。

近所の公園などで開催される場合は、ポスターや掲示板などで発表されることも多いので、町内掲示板や地域の広報紙などをこまめにチェックしてみることをお勧めします。

大きな会場の場合はフリーマーケット情報を集めているHPがありますので、そういうところをチェックして情報を集めましょう。
リサイクル運動市民の会

その2:気をつけたいこと

小銭を持っていく

フリマに出店している側はお釣り銭を用意していますが、みんなが大きなお金を出したら足らなくなってしまいます。

お手頃な価格の品を求めるのですから、小銭を多めに持っていくように心掛けましょう。

動きやすい服装で行く

フリマは基本的に、地面にレジャーシートをしいた状態で物を売っていることがほとんど。つまり、品物を見るのも、お店の人と交渉するのも、しゃがんだ状態になります。

スカートだとしゃがむたびに裾を気にしなくてはいけなかったり、ジーンズなど硬い生地のパンツもしゃがんだ姿勢は意外とキツイもの。

着慣れた服、動きやすい服を選んで行くようにしましょう。

エコバッグ持参で

売る側も紙袋など用意してくれていると思いますが、買う側の意識としてエコバッグを持っていきたいものです。

強引な値引き交渉はNG

値引き交渉などのやりとりもフリーマーケットの楽しみのひとつではありますが、あまりに強引な値引き交渉はよくありません。

フリマの出会いは一期一会

一般のお店の場合、欲しい物が品切れしていたら注文して取り寄せてもらうことができますが、フリーマーケットではそうはいきません。

買いたいと思った物はその場で買っておかないと、次にそのお店に来た時にはもうなくなっているかもしれません。そしてその品物はもうどこに行っても入手出来ないかもしれません。

お店の人との出会いも一期一会。なかなか普段は話すことのない相手ともどんどん話して、交流を楽しみましょう

終わり際を狙え!

フリマに出店している側も、出来れば出した物は残さずに売れてほしいと思っています。

最後の1時間、30分など終わり時間が迫ってくると、均一価格になったり、大きく割り引かれることも珍しくありません。

とにかく安く手に入れたい!という場合は終わり際を狙うといいかもしれません。

最後まで待っていたら買いたい物が売れてなくなってしまう場合もあります。気をつけましょう。

おわりに

いかがでしたか?フリーマーケットに行ってみたくなったのではないでしょうか。

買う側として参加して、雰囲気がわかったら、次はぜひ出店してみることをお勧めします。

本記事は、2011年03月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る