生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 津波が迫っている時にすべきこと・津波が迫っている時にしてはいけないこと

津波が迫っている時にすべきこと・津波が迫っている時にしてはいけないこと

2016年11月22日更新

 views

お気に入り

はじめに

地震が起きた時に注意すべきことは津波です。もし、あなたが沿岸部にいるのならば、絶対に津波について注意すべきです。

よって、今回は津波が迫っている時にすべきこと・津波が迫っている時にしてはいけないことを紹介したいと思います。

ポイント1: すべきこと

まずは逃げることです。できるだけ、高い場所に逃げましょう。遠くへ逃げることはそこまで意味はありません。

それよりも、高い場所へ逃げましょう。高台、鉄筋コンクリートの三階建て以上の建物など、できるだけ高い場所に避難すれば、それだけ生存率が上がります。

ポイント2:やってはいけないこと

津波は災害として非常に特殊なものです。また、津波に対しての知識があまり一般にひろまっていないこともあります。

津波は速い

津波のスピードは非常に速いです。動画などで確認していただければ、すぐにわかりますが、車よりも速いです。

EMBED:xE2GnSQFqJs

規模にもよりますが、水深が深い海では一般的に800キロ程度、つまりジェット機並みのスピードで進み、沿岸部に近づいて水深が浅くなると速度が遅くなります。

それでも海岸付近には時速40キロ程度あります。よって、海岸から陸地へ真っ直ぐのびる道があるのならば、車で逃げれば間に合う可能性もあるかもしれませんが、くねくねと曲がり道になっている場合は車で遠くへ逃げることよりも高い場所を探した方が良いでしょう。

よって、車で逃げることはやめましょう。また、狭い道に多くの車が出てくれば渋滞の要因にもなります。

おわりに

とにかく、全力で逃げてください。想像以上に津波は速く恐ろしいです。

参考資料
NHK静岡防災ポータル
消防防災博物館

(Photo by Mud-covered chair lays on ground following earthquake off Japan's coast. By.Official U.S. Navy Imagery

この記事で使われている画像一覧

  • 20110316203927
  • 20110317161348

本記事は、2016年11月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る