生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. チェーンメールを見抜く方法

チェーンメールを見抜く方法

2011年03月18日作成

 views

はじめに

災害時などの緊急時に、困惑させるようなデマや情報が錯綜することが少なくありません。

携帯電話やネットが発達した現代では、チェーンメールと呼ばれる不特定多数へ何らかの意図を流布させる動きによって、惑わされることがあります。

今回はそのようなチェーンメールを見抜くポイントをいくつかご紹介したいと思います。

チェーンメールを見抜くポイント

内容の事実関係があいまい

ほとんどのチェーンメールは事実関係に裏づけがなく、誰かの妄想、不安心、イタズラな内容であり根拠がありません。

よって、事実関係をきちんと確かめる必要がありますので、メールを確認した後で慌てずに事実関係を確認してください。

事実関係に確かな裏づけがなく、メディアでも伝えられていない情報であればチェーンメールの可能性が高いです。

事実関係のあいまいな内容は信用せずに、流されない自分の意思を持ちましょう

内容を送信元に確認してもわからない

大抵のチェーンメールは、家族、友人、知人から送られてきますので、受信した方は信用できる人からの情報に問題はないと考えてしまいます。

チェーンメールの落とし穴はそこにあります。

つまり、大切な家族や友人、知人は自分を騙すはずがないと思い込まされ、情報の正確性などの確認が2の次になります。

なので、送られてきた人に情報の内容と誰からの情報であるのかなどを確認してみてください。

チェーンメールであれば、「わからないけど知り合いからメールが来た」など、送信者も内容についてはきちんと把握されていないと思われます。

人を信じることと伝達内容を信用することは、別物だという意識を持って対応してください

誰かにこの内容を伝える指示がある

自分宛てに送信されてきたのなら、事実関係の確認作業をして判断すれば良いことなのですが、チェーンメールは知り合いにも同じ内容を伝えて欲しいという指示が入っている場合が多いです。

例えば、「水道局で働いている友人からの連絡です。○月○日から水道が使えなくなるので、知り合いにも急いで伝えてください」

といった、事実関係があいまいな上に、誰かにこの内容を伝えて欲しいという指示があるものがチェーンメールの多くです。

仮に上の例が事実であれば、ニュースや地元の水道局などからきちんと情報が開示されて伝わるようになっているはずです。

チェーンメールの多くの場合、不特定多数に広めることが目的と受け取れる内容が含まれています

おわりに

災害時や緊急時にイタズラはもちろんですが、チェーンメールを作成して流布していることは、人間の不安心理を悪利用した極めて悪意の大きな行動であると思われます。

本当に命の瀬戸際で踏ん張っている方々や、安否を心配されて見守っている方々を考えれば、決して許される行為ではありません。

このようなメールに惑わされることなく、ご自身の意思を確かに持って事実関係を把握して対応をされることが一番です。

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/08/23-026862.php

この記事で使われている画像一覧

  • 20110317181658

本記事は、2011年03月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る