生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 簡単な心がけで車の燃費を向上させるコツ

簡単な心がけで車の燃費を向上させるコツ

2011年03月16日作成

 views

お気に入り

はじめに

予期せぬ災害が起こって物流や交通がマヒしてしまうと、ガソリンが手に入りにくくなると同時に利用可能な交通手段が自家用車しかない、という場合が多いことでしょう。

そこでこの記事では、誰もがすぐに取り組むことのできる簡単な心がけで少しでも車の燃費を向上させる3つの方法をまとめてみました。

小さな心がけで燃費を少しでも向上させるコツ

急発進・急ブレーキはNG

エコドライブの基本中の基本として、燃費のよい走りをしたければ急発進やスピードの出しすぎ、急ブレーキは絶対に避けましょう。

周りの車の流れに合わせたスピードで走ることを心がけてください。また渋滞中はイライラするかもしれませんが、前の車をあおったりぎりぎりで急ブレーキをかけたりすることがないように気をつけましょう。

このような走り方をすると燃費が悪くなるだけではなく、周囲のドライバーや歩行者に危険をもたらすことにもなりかねません。

特に渋滞の際や交通が混乱していて普段より歩行者や自転車が増えている場合は、安全面から考えてもこれはかならず守ってください。

数分以上停車する時はアイドリングストップ

エコドライブという言葉と一緒に「アイドリングストップ」という言葉も有名になりました。信号待ちの際にエンジンを切っているドライバーの方も多く見かけます。

車を走らせていなくてもエンジンをかけていれば当然ガソリンを消費します。それで1分程度、もしくはそれ以上車を停めるという場合にはぜひアイドリングストップを心がけてください。

ただ、数十秒で発進するのにアイドリングストップをしてもあまり効果がありません。かえって発進時にエンジンを再始動する回数が多くなり、ガソリンを消費してしまいますので気をつけてください。

エアコンは控えめにする

もう一つの方法は車のエアコンを控えめにすることです。速く車内を適温にするために風量を最大にしたり、設定温度を最高もしくは最低にしたくなるかもしれませんが、その分燃費は悪くなってしまいます。

春や秋など気候が良い時はエアコンを使わず、窓を開けて自然の空気を車内に取り入れるとよいでしょう。冬場でも車を日向に停めておくことができれば車内はそれなりに暖かいものです。またブランケットなどで調節するのもおすすめです。

夏場は運転する前に、まずドアと窓を開けて中の熱い空気を車の外に追いだしてからエアコンを使うようにしましょう。またフロントガラスに貼り付けるタイプの日よけを使ったり、できるだけ日陰に車を停めるとよいでしょう。

おわりに

いかがでしょうか。限られた資源を有効に活用するためにも、一人ひとりがエコドライブを心がけることが大切です。今日からでも簡単に取り組むことのできる方法ばかりですので、是非試してみてください。

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/03/09-015027.php

この記事で使われている画像一覧

  • 20110315195614

本記事は、2011年03月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る