生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 地震対策!壁に穴をあけたりせずに家具を固定する方法

地震対策!壁に穴をあけたりせずに家具を固定する方法

2011年03月16日作成

 views

お気に入り

大地震を想定して家具の転倒を防ぎたいと考える方は多い事でしょう。

実際、1995年に起きた阪神・淡路大震災の際には、家屋は無事でも家具の下敷きになって被災された方が多数おられました。家具の転倒を防ぐことは命を守ることに繋がります。

目次

家具を壁に固定できない場合の転倒防止方法

賃貸住宅で壁に穴をあけられない場合、また、発泡プラスティック断熱材が入った壁など、金具を使って家具を固定できない家もありますよね。

そのような場合は転倒を防ぐためのグッズを使う事になります。

家具転倒防止棒を使う

家具と天上の間に伸縮性のある「つっかえ棒」を渡して固定する方法です。家具と天上に距離が無いほど効果的なグッズです。

距離によってサイズがありますので、距離を計ってから購入しましょう。

家具の上に家具を乗せる

家具の高さが中途半端で「つっかえ棒」をするには距離がありすぎる場合は、家具の上に家具を乗せるという手があります。もちろん、家具と上に乗せる家具は金具で固定します。

家具に高さができる事によって、家具は天上につかえるので転倒する事が無くなります。

家具の下に傾斜板を差し込む

家具がどう転倒すると危険かというと、当然前に転倒するから危険なわけです。後ろには壁がありますからね。

家具の下前面に傾斜板を差し込むだけで家具が前に倒れる事をある程度防ぐことができます。

Sカンで天上家具の扉に鍵をかける

家具の中身が飛び出してきて上から物が降ってくるという事態を避けるために天上に固定されている家具の扉一つ一つに簡易鍵を付けます。

取っ手に隙間があるタイプならばSカンで取っ手と取っ手を繋げば地震の衝撃で扉が開くのを防ぐ事ができますよ。

家具の下を重く、上を軽くする

原理として、箱は下に重心を持ってくれば倒れにくくなりますよね。家具の中に入れる物は下に重い物を上に軽い物を収納するように心がけましょう。

家具を壁に固定できるご家庭の固定方法

大地震の際には家具は踊るように動いて転倒し、電気用品は投げられたように飛んでくるといいます。家具を固定できる壁をお持ちのご家庭では壁に固定するのが一番です。

L字金具で壁に固定する方法

壁に穴をあける事が許されるのならば、家具を壁に釘付けてしまう事で転倒は防ぐことが出来ます。

こちらのページにとても詳しく掲載されています。参考になさって下さい。
総務省消防庁ホームページ(http://www.fdma.go.jp/html/life/kagu1.html)

おわりに

地震で家具が動く恐ろしさは実際に体験してみないと解らないかも知れません。しかし、解った時にはすでに遅いのです。

いざという時のために、常に準備はしておきましょう。各家庭の危機管理が、それぞれの命を救います。

Twitterで紹介!

(Picture&Illustration by KUKO)

本記事は、2011年03月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る