生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. カラータイツ初心者に贈る、カラータイツの上手な着こなし方と着こなしやすい色選び

カラータイツ初心者に贈る、カラータイツの上手な着こなし方と着こなしやすい色選び

2011年03月15日作成

 views

お気に入り

カラータイツは黒だけ。あるいは肌色ストッキングしか履かないという方も多いですよね。足を人間の肌色と違う色にしてしまうという事は勇気がいる事なのかも知れません。

しかし、一度履いて慣れてしまうと案外簡単に着こなせてしまうもの。ここでは、カラータイツ初心者の方でも照れる事なく履ける色、着こなし方を考えていきましょう。

抵抗なくカラータイツを履くための着こなし

初めからミニスカートにパンプスでタイツを思い切り見せるという着こなしは抵抗ある方が多いでしょうね。

タイツの露出を少なくする

抵抗のある方は、まずは黒いワンピース辺りから合わせてみてください。足元は黒のロングブーツ。そうするとカラータイツの露出部分が少なくなりますよね。

鏡の前に立ってみましょう。黒のワンピース、黒のブーツに、もし黒タイツだったら全身真っ黒です。カラータイツが良いアクセントになると思いませんか?

同系色でまとめる

コーディネートを同系色でまとめます。例えば、ブルー系のワンピース、ブルーグレーのカラータイツ、そしてグレー系の靴。

上から足元まで繋がっていればタイツだけが目立つことはありません。

着こなしやすいカラータイツの色

初心者でも抵抗なく履けて、どんな色にも合いやすい無難な色って実は黒だけではないのです。

ボルドー

ええっ!赤?紫?と意外に感じる方も多いかも知れませんが、真っ赤ではなく茶に近いシックな赤は意外と何にでも合うし着こなしやすいのです。

グレー

黒に近ければ近いグレーほど抵抗なく着こなせるでしょうが、思い切ってブルー系の薄めグレーを履いてみましょう。黒系の服、ブルー系の服、白い服などに合わせやすい色です。

ピンク

初心者の方はショッキングピンクには抵抗があると思われますので、白に近いピンクから始められてみてはいかが?白に近いピンクは肌色にも近いので、どんな色の服とでも意外と合います。

おわりに

最初は無難な色から始めてみて、抵抗感がなくなったら露出を多くしたり色を楽しんだりできると良いですね。

夏になったら暑苦しくて楽しめないオシャレです。花の色が溢れる春だからこそ、足元もカラフルに楽しみましょう。

(Illustration by 筆者)

本記事は、2011年03月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る