生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. ジブリ作品の原作を読んでもっと楽しむ方法

ジブリ作品の原作を読んでもっと楽しむ方法

2011年03月11日作成

 views

国民的アニメとなったスタジオジブリのアニメーションは、今や日本の誇る文化と言っても過言ではありませんね。

こどもからお年寄りまで、ジブリ作品を観たことがないという人を探す方が難しいかもしれません。

そんなジブリ作品、原作があるものもあるのをご存じでしょうか?映画は観たけど原作はまだという人も、映画も観ていない人も、是非原作を読んでみませんか?

また違った観点からジブリ作品を楽しめること請け合いですよ。

目次

魔女の宅急便

ほうきに乗った魔女見習いの女の子、キキが主人公の魔女の宅急便は、実はとても昔に出版された児童文学が原作です。

1982年4月から一年間にわたって、雑誌「母の友」に連載されたものに加筆修正されたものです。

アニメの魔女の宅急便ではキキはまだ魔女見習いの少女ですが、小説では続編があり、完結編となる2009年刊行の第6巻では、母親となっています。

アニメで表現されているのは短い期間ですが、小説では長い時を通じてキキと親しんで行けるので、6巻読破した時にはキキはあなたの友達のような存在になっていることでしょう。

霧のむこうのふしぎな町(千と千尋の神隠し)

こちらの本は、厳密に言えば千と千尋の神隠しの原作ではありません。ただ、宮崎駿監督が本当はこの本を映画化したくて、原案としたエピソードはあまりに有名。

主人公の女の子が夏休みを過ごしに来たのは、魔法使いの子孫ばかりが住む不思議な町。そこで、働くことの大切さを学んでいくお話です。

町に住む人々がとても魅力的で、ひとつひとつのエピソードが本当に面白く、キラキラ輝いています。

大人になって読んでもきっと面白いけど、出来れば小学生の内に読んでほしい本です。わたしは小学生の時にはじめて読んで以来、幾度となく読み返しました。今でも大好きな本です。

床下のこびとたち(借り暮らしのアリエッティ)

1952年の初版以来、数々の文学賞を受賞しながら世界で読まれ続けている、児童文学の名作「床下の小人たち」を映画化したのが、借り暮らしのアリエッティです。

原作では床下の小人たちに続いて、4編の続編が出ています。アニメでははじまったばかりのアリエッティ家族の冒険の、続きが読めるのです。

また、アニメと原作とではちょっと印象の違うキャラクターも出てくるので、観比べてみるのも楽しいですよ。

おわりに

3作の原作(原案)をご紹介しました。どれもアニメに勝るとも劣らない傑作です。是非原作も読んでみてくださいね。

本記事は、2011年03月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る