\ フォローしてね /

春も楽しむ!カラータイツの着こなし術

最近オシャレな女性の間で、レッグファッションのバリエーションが増えているように思います。

そのひとつが、カラータイツ。発色がよく、脚の肌色を透けさせないマットな質感のカラータイツは、オシャレ女子には欠かせないアイテムです。

だんだん春めいてくるこの頃ですが、まだまだ大活躍するカラータイツのオシャレな着こなしのポイントをご紹介します。

カラータイツの色選び

ハッキリした色が多いカラータイツ。まだカラータイツを履いたことがないというビギナーの方にもお勧めの、着こなしやすいカラーをご紹介します。

カラータイツの中では定番と呼んでいいカラーが、このです。キツめの色ながらも、女の子らしいピンクや白のアイテムと相性がよいのが人気の秘密でしょう。

ビギナーにお勧めのコーディネートは、ユーズドデニムのミニスカートや、ふんわりした小花柄を合わせること。特に春は、小花柄との組み合わせがお勧めです。

小花で甘くなりすぎがちなところを、タイツの紫が締めてくれるので、とてもバランスのいい着こなしになりますよ。

小花柄は、柄の一部に紫が入ったものを選ぶと失敗しません。

マスタード

ちょっとくすんだ濃い黄色、辛子色です。この色もカジュアル系のファッションに合わせやすいので、ビギナーの方でも抵抗なく身につけやすいと思います。

茶系・オレンジ系の色との相性は抜群なので、アースカラーの着こなしで森っぽいナチュラルガールを目指しましょう。

デニムを合わせる場合は濃いめのインディゴがお勧めです。

ピンク

発色の綺麗なカラータイツだからこそ、春だからこそ、履きたいのが綺麗なピンクです。服だと分量が多いからと抵抗のある濃いめの色でも、タイツなら挑戦しやすいですよ。

春らしいふわふわしたシフォンのスカートや小花柄の他、黒やグレーのアイテムに合わせてもオシャレです。ピンクのタイツを合わせると、冬のアイテムを春らしく着こなせますよ。

カラータイツの厚さ選び

タイツには厚みを表す単位が表示されています。肌色を透けさせずに綺麗に発色する厚みとしてお勧めなのが80デニールタイツ。

これ以上薄いとちょっと肌が透けてしまいます。厚くても構いませんが、真冬でなければ80デニール程度で防寒も充分でしょう。

おわりに

今まで黒タイツや靴下だったのをカラータイツにするだけで、ちょっと旬な雰囲気が出ます。

プチプライス&手持ちの服を活かせるオシャレアイテム、カラータイツにぜひ挑戦してみてくださいね。

(image by 筆者)
(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。