\ フォローしてね /

黒くならずに長持ちする!バナナの上手な保存方法

バナナを買うときは、店頭でよく確認しないと、買って帰った次の日には真っ黒でグチョグチョ…なんてこともありますよね。

それほど傷みやすい果物、バナナ。青いものを買ってきても、せいぜい3日~4日で食べごろは終わってしまいます。

そんなバナナを、1週間以上、黒くならずに保存できる方法を紹介したいと思いますので、一度試してみてください。

準備するもの

  • バナナ
  • ラップ

真っ黒にならずに長期保存する方法

STEP1:バナナを一本ずつに分ける

まずはバナナを、房から丁寧に外し、一本ずつにします。

STEP2:ラップで包む

STEP1でバラバラにしたバナナを、一本ずつ、丁寧にラップで包みます。

STEP3:野菜室で保存

ラップで包んだバナナを、冷蔵庫の野菜室に、少し間隔を空けながら並べます。

おわりに

この方法で保存すれば、少なくとも一週間は、バナナを黒くならずに保存することができます。数日経つと、皮は真っ黒になってしまいますが、皮を剥くと…あら不思議。中身はキレイなバナナのままです。

傷みやすいバナナを長期保存したいときには、この方法をぜひ、試してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。