生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 布団をダニやノミから守る方法

布団をダニやノミから守る方法

2011年03月08日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

これから段々気温が上がり夏になると、ダニやノミが発生します。不衛生な場所に発生しますので、布団はもとより、室内も清潔にしてダニやノミの除去に努めましょう。

そこで今回は、布団をダニやノミから守る方法を4つご紹介します。

布団をダニやノミから守る方法

ペット(特に犬)に注意する

犬などの室内小型犬にノミが寄生している場合があります。

宿主である犬は平気な顔をしていても、その犬が旅行などでその家を1週間位不在にしたり、ノミが大量発生したりした場合、ノミが血を求めて、人間の血を吸う場合があります。

普段宿主である犬が家にいる場合は、ノミはあまり人間の血は吸いません。ノミにとって人間の血は、犬の血ほどはおいしくないからです。

しかし、犬が旅行で不在になり3日くらい経つと、ノミは餓死しないために人間の血を吸い始めます。その際、布団はノミにとって絶好の隠れ家になるのです。

筆者も経験がありますが、ノミに吸われると蚊に刺されたより更に小さな赤い跡ができ、「大変かゆい」です。

特にお風呂上がりや歩いた後などの血液循環がよくなった時、表現できない程「ものすごくかゆい」です。

犬のノミを予防するには、錠剤を飲ませるか、首にスポイトで落とすタイプの薬を使用します。(ただし錠剤の場合は、あくまで予防の効果しかなく、今いるノミは駆除できません。)

また1年中飲み続ける必要があります。

スポイトタイプは動物病院でのみ入手できますが、駆除の効果もあり、さらにはダニにも効果があるのでとても便利です。

また、ノミは散歩の時に外からもらってくることが多いので、少なくても2週間に1度はシャンプーをしましょう。

室内小型犬の体はシャンプーなどで、常に清潔な状態に保つ。

布団カバー、枕カバーは毎週洗濯し、室内を徹底的に掃除する

汚れが目立たないように見える布団カバーや枕カバーでも、実は大変汚れています。ですから、少なくても週に1回はこれらのカバーを交換・洗濯し、清潔な環境を作りましょう。

また、室内を徹底的に掃除機がけし、ダニやノミを室内から除去しましょう。

布団は月に1回は天日に干す

今までは、冬でなかなか布団を天日に干すことができませんでしたが、もうすぐ春。これからは、少なくても月に1回は布団を天日に干し、太陽の光と熱による消毒をしたいものです。

布団を干している間、ダニやノミが布団の日陰になる側に移動してしまいますので、2~3回布団を裏返して干すようにします。ダニやノミを一気に除去します。

夜にはふっくらとした清潔な布団に寝ることができます。「おひさまのにおい」の布団って本当に気持ちがいいですよね。

布団乾燥機を使用する

3月とはいってもまだまだ朝晩寒く、日中の太陽の光も弱いですよね。そこで「布団乾燥機」を利用する手もあります。

この「布団乾燥機」も天日干しと同じ効果があります。この「布団乾燥機」のいいところは、天候や季節に関係なくいつでも使えることです。この機会に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

おわりに

布団をダニやノミから守るための基本は「清潔」にすることです。ダニやノミが寄生できないような「清潔な環境」を作りましょう。

Photo by 足成 http://www.ashinari.com/2010/11/14-342097.php

参考記事

ページが見つかりません
ページが見つかりません
ページが見つかりません
ページが見つかりません
ページが見つかりません
ページが見つかりません

この記事で使われている画像一覧

  • 20110308031503

本記事は、2011年03月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る