\ フォローしてね /

細々した物をきれいに整理する5つのコツ

小さいものはなかなか片付けきれなかったり、どこへしまったか忘れてしまったりすることがあるかと思います。

そういうことにならないように、細々したものをきれいに整理していつでも美部屋にしましょう。

1:用途が同じ物同士を一緒にしておく

テレビの近くに他のステレオやDVD、スピーカーなんかを一緒にしておくことで、いちいち探しに行く必要がないので、片付けも楽です。

他に、オーディオ機器のトリセツも一緒にしておきましょう。

2:リモコン・電話・メモ帳・ペンはワンセット

タイトルに載せた4点は、ワンセットにしておくと片付けも出すときも楽です。

電話がかかってきた時もすぐにメモできるので、聞き漏らすこともなく快適&ストレスレスです。

3:雑誌は、必要な所だけを取っておきましょう

雑誌を読んでいて「この記事は取っておきたい」や「この服のコーディネートいいなぁ」などと思って取ってある雑誌はありませんか?

1冊まるごと取っておくと、かさばって雑誌のタワーができてしまうでしょう。ですから、いいと思ったところを切り取り、クリアブックに入れてみましょう。

汚れが付くこともないし、雑誌のタワーができることもないです。タイトルをつけることをお忘れなく。

4:細かいものは、事務用引き出しを利用

100円均一でも売っている事務用の引き出しに何が入っているのかをきちんと"タイトル付け"します。

そうすることで、行方不明にならないですし、電池などの消耗品はすぐに残量を確認できます。

5:ストールやスカーフなどの整理

ストールやスカーフなどは、時期ものに分けます。厚手の物・薄手の物みたいな感じでもいいです。

くるくると巻いて引き出し式の収納に入れましょう。そうすると、衣替えなどで行方不明になることもないですし、きれいに年間通して使えます。(中に防虫剤を必ず入れておきましょう。)

このようにしまって、クローゼットに入れるといいですね。

おわりに

ちょっとした工夫で部屋はどんどんきれいになります。"いつでも美部屋"だと、自分に自信もでてきますし、楽しくなりますよね。

片づけのちょっとしたコツは、覚えておくと結婚後も役に立ちますよ!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。