\ フォローしてね /

着物の端切れ生地を小物にリメイク!キャラメルポーチの作り方

着物の生地は上等でキレイな柄ものが多いもの。でも、なかなか着る機会がないうちに、虫くいやシミになってダメになってしまいがちです。

そんなときは、着物の切れで小物やバッグを作ってみるのはどうでしょうか。このキャラメルポーチなら、作り方はとても簡単。ころっとした形が可愛らしく、たくさん物が入って実用的です。

用意するもの

  • 着物の切れ 23センチ×30センチ
  • 接着芯 23センチ×30センチ
  • ファスナー 20センチ
  • 裁縫道具

キャラメルポーチの作り方

STEP1: 接着芯をつける

接着芯を着物生地の裏面につけます。つけ方はそれぞれの接着芯の説明に従ってください。

接着芯をつけることで、生地がしっかりしてできあがりがきれいになります。

STEP2: 生地を切る

接着芯をつけた着物生地を23×30センチの長方形に切ります。

生地の大きさを変えると、できあがりの寸法を変えられます。変えるときは(ファスナーの長さ+3センチ)×(好みの長さ)で試してみてください。短いほど長細く、長いほど正方形っぽくなります。

STEP3: ファスナーをつける

ファスナーの表側と着物生地の表側を合わせるようにして縫い付けます。両側をつけると、輪のような状態になります。

STEP4: たたんで両端を縫う

図のように折りたたんで両端を縫います。

STEP5: 完成!

裏返せば、キャラメルポーチのできあがり。

おわりに

このポーチは簡単なので、いろいろアレンジしてみると楽しいです。接着芯の代わりに、もう一枚薄めの布をつければ内側も可愛くできますよ。

(イラスト by 筆者)
(Photo by 筆者)
(Photo by 筆者)
(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。