\ フォローしてね /

カーペットに珈琲をこぼした時の対処方法

このライフレシピのもくじたたむ

寒い季節、カーペットの上で本を読んだり、テレビを見たりしている時、誤まって珈琲をこぼしてしまった時の対処方法をご紹介します。

色の濃いカーペットや丸洗いできるカーペットなら、そんなに慌てないかもしれません。

しかし、淡い色のカーペットだったり友人宅でこぼしてしまったしまった場合、適切な対処を早くすることでシミを防止できます。

用意するもの

  • 吸い取りのいい清潔なタオル・・・数枚

  • きれいな水・・・適量

手順

対処方法1:こすらない

どうしても早く拭こうと思って、ゴシゴシとカーペットをこすってしまいがちですが、決してこすってはいけません。

こすってしまうと、カーペットの毛に珈琲の色素がこびりつき、色が落ちにくくなってしまう恐れがあります。

珈琲をこぼしてしまったら、とにかく慌てず吸い取りのいい清潔なタオルでそっと押えるように、珈琲を吸い取りましょう。

※新品のタオルは清潔ですが、吸い取りにくいので使わない方がいいと思います。

対処方法2:タオルをかえる

こぼした量が少量の珈琲なら、1枚のタオルでふき取ることが可能ですが、コップ1杯こぼしてしまった場合はタオルをかえてふき取りましょう。

同じタオルで吸い取っていては、せっかく吸い取った珈琲がカーペットの方へ逆戻りしてしまうからです。

対処方法3:シミにならないために

こぼしてしまった珈琲を吸い取ったら、今度はきれいな水を少し垂らして、乾いた清潔なタオルで叩きます。

それを何回か繰り返し、タオルに珈琲の色がつかなくなるまで繰り返します。その間、タオルは何度も取り替えましょう。

対処方法4:仕上げ

カーペットから珈琲をきれいに拭き取れたら、ドライヤーで乾かします。毛足の長いカーペットは、ナイロンブラシなどで毛をといて整えれば終了です。

シミになってしまった場合

すぐに拭き取れなかったり、こぼれているのに気がつくのが遅れてシミになってしまった場合、少量の中性洗剤をカーペットに垂らし、対処方法3からの手順で拭き取ると多少シミを薄くすることができます。

おわりに

カーペットに珈琲をこぼしてしまったら、基本は「こすらず即、拭き取り」です。タオルをケチってはいけません。実際、カーペットをクリーニングに出すと数千円~数万円必要になります。気をつけたいものです。

(Photo by 珈琲)

(Photo by 桃花)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。