\ フォローしてね /

いらないセーターでフェルトを作る方法

セーターはお湯でがしゃがしゃ洗うと縮んで着れなくなってしまいます。この性質を利用して、セーターからフェルトを作ってみましょう

フェルト化したセーターは、はさみで切っても端がほつれません。セーターから帽子やバックを作ったり、クッションカバーなどを作るのにも使えます。

用意するもの

  • ウールなど天然毛が70%以上入ったセーター(ウール100%が理想)
  • 洗剤(ウール用洗剤ではダメ、普段着用洗剤を使ってください)
  • 乾燥機
  • 洗濯機

フェルト作りのやり方

STEP1:洗う

セーターを洗濯機で洗います。熱いお湯に洗剤(普段の洗濯と同量)を溶かし、セーターを洗います。

お湯の温度は60度くらいあると縮みやすいです。

縮ませたいセーターが少量のときは、バケツにお湯を入れて手洗いしてもOKです。バケツの場合は火傷に注意しながら、繊維を絡ませるように揉み洗いしてください。

お湯の熱効果と洗濯機で揉まれることで、セーターの繊維が縮みます。

STEP2:乾かす

乾燥機で乾かします。

乾燥機がない場合は、平干しして乾かします。乾かすときに縮んだ繊維を伸ばさないように気をつけましょう。

STEP3:完成!

乾いたらセーターフェルトのできあがりです。もし縮みが足りなかったら、何回か繰り返します。

セーターフェルトの使い道

普通のフェルトと同じように使えます。たとえば…

  • 数枚重ねてクッション
  • あったか帽子
  • ネックウォーマー
  • ぬいぐるみ
  • ニットのバック

などなど。端がほつれないので簡単にニットのあったか小物ができますよ。

おわりに

思い出いっぱいのセーターに穴があいてしまったり汚したときは、フェルトにして小物を作るのがおすすめ。お子さんのセーターを記念にぬいぐるみにしてあげてもいいですね。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。