\ フォローしてね /

ティーバッグで紅茶を美味しく淹れる方法

紅茶はリーフのものが一番美味しいですが、一人暮らしや、毎日は飲まないという方には、やはりティーバッグが便利。このレシピでは、ティーバッグでもとっても美味しく淹れられる、淹れ方のコツをご紹介します。

ティーバッグで紅茶を美味しく淹れる方法

STEP1: お湯を沸かし、カップに少量注いで温める

まずお湯を沸かすのですが、沸騰してすぐに火を止めてはいけません。お湯に空気を含ませるため、十分にグラグラ煮立たせるようにします。

カップは必ず温めます。せっかくお湯が熱くても、カップが冷たいと冷めてしまいます。カップをソーサーに乗せたままで温めれば、ソーサーも程よく温まりますよ。

カップを温めている間も、お湯は煮立ったままがgood!

STEP2: カップのお湯を捨て、もう一度お湯を注ぐ

先にティーバッグを入れて、その上からお湯を注ぐ人が多いのですが、お湯を先に入れたほうが、紅茶がきちんと抽出できます。

STEP3: ティーバッグを静かに入れて待つ

ティーバッグを入れたら、そっと静かに待ちましょう。ひもを持って上下に揺らしたりしないこと。ここも美味しく淹れるポイントです。

STEP4: 3分たったらティーバッグを取り出す

取り出すときにバシャっと出さないこと。ここでも上下に振りたくなりそうですが、それもちょっとガマンです。そっと静かに、ティーバッグの中からゆっくりお湯が降りてくるイメージで、引き上げましょう。

ティーバッグの保管にも気をつけよう

紅茶を手軽に楽しめるティーバッグ。ついつい、「手軽さ重視」だからと思ってしまい、「味は諦め気味」になりがちです。でも、きちんと保管して美味しく淹れれば、格段に美味しくいただけますよ。

ティーバッグは包装の仕方にも差があります。個包装できちんとパックしてあるものならまだいいのですが、薄い紙の隙間だらけの包装のものは、特に気をつけましょう。

リーフティと同じように、ティーキャニスター又は日本茶などの茶筒に保管すのが一番です。光を通さず、におい移りのない、密閉タイプのものに入れておきます。

ジップロックも良いのですが、その場合は日の当たらない場所に保管してくださいね。

また、開封したらなるべく早く飲み切るのは当然として、開封前でも早めに飲んだほうが風味が落ちません。あまりに時間がたったものは、ジャムやハーブを入れて楽しむのがおすすめです。

おわりに

簡単なことばかりですが、ちょっとしたポイントで味や香りが変わってきます。ぜひ今度紅茶を飲むときには、気をつけてみてくださいね。

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/10/11-029570.php

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。