生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 絶対感動するおすすめ少女漫画

絶対感動するおすすめ少女漫画

2011年03月04日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

少女漫画の中でも、実に奥が深く何度も何度も読みたくなる名作があります。男女を問わず感動した声の多い少女漫画をご紹介します。

ラヴァーズ・キス:吉田秋生・著

絵のタッチは、比較的サラッと描かれている作品です。ふつうの今どきの高校生の恋愛模様がテーマです。

しかし、メインの主人公である朋章と里伽子の恋がとても深く描かれているのと、愛しい気持ちをうまく表現できない刹那さがセンスよく描かれています。

また、2巻で登場してくる鷺沢の視線もある意味とても深いものがあります。彼も、朋章に恋をしている(同性愛)ので、彼の目線からの表現もこの物語の持ち味が伝わってきます。

なんといっても、朋章と里伽子が「真実の愛」に目覚め、発展していく感情・台詞がなんといっても美しいですね。

どこにでもある恋愛モノの少女漫画の「好き」だの「愛してる」だの、安っぽいお話ではないところがいいです。

「…でもそういうこと 男じゃ埋められないだろ」とか「おまえが自分で決着つけなきゃならないことなんだ。どんなにつらくても」里伽子を後ろから抱き締める朋章。

全編にわたって様々な登場人物の思いが伏線を描きながら巧みに交錯している傑作です。

恋愛はすべてはハッピーエンドとは限らない胸の内の切ない想いを秘めながら進んでいきます。各章の扉絵もエロティックでセンス抜群です。

ラヴァーズ・キス

君はペット:小川 彌生・著

主人公の巌谷スミレは、高学歴・高収入・高身長と3高を地で行くキャリアウーマン。そんな彼女が偶然拾った(?)少年モモをペットとして迎えた同居生活の話です。

2人の奇妙な関係、同居生活の描写は本当に腹の底から笑えるし、恋愛より楽しいものもあるって気づかせてくれるストーリー満載です。

年下ブームが起きたのもこの作品が多少なり影響しているのかも?心がほのぼのとして、にやけ顔になるシーンもたくさんあります。

女性も男性も魅力的なキャラクターが多く、色々な意味で感情移入できる要素が十分あります。最終回の演出も最高の作品です。

君はペット

フルーツバスケット:高屋奈月・著

とにかく主人公の健気さに号泣・感動、間違いなしの作品です。

12支の干支がテーマになっている物語ですがタイトルは「フルーツバスケット」・・・読んでいってはじめて悲しい由来を知ることになります。

作者の漫画を描く技術がどんどん上手くなっていくのも素晴らしいです。メンタル(精神)の部分にスポットを当てた作品です。

とにかく心がキューンとなって、泣けますので読んだあと清々しい気持ちになれると思います。

フルーツバスケット

ホットロード:紡木 たく・著

中学生の暴走族の話・・・と言ってしまえばそれだけですが、思春期の揺れ動く心がうまく描かれた感動作です。

恋愛や主人公達の進路、母親への反発などなど…多感な少女の気持ちがみごとに表現されています。

絵柄は、とてもシンプルで優しい線のタッチがさらに表情を豊かに魅力的に見せてくれていると思います。

ただ、ただ幼い少年、少女の感情でけでつっぱしるとどんな現実が待っているかなど、本当の意味で若い人達に読んでもらいたい名作です。

ホットロード

おわりに

少女漫画のいいところは、柔らかいタッチ、心の微妙な表現などなど・・・

映画も本もいいけど、少女漫画の名作もなかなか捨てたもんじゃないな・・・と、うなづける作品ばかりです。

Photo by ピンクの薔薇

この記事で使われている画像一覧

  • 20110304115831

本記事は、2011年03月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る