生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 靴を試履きした時に必ず確認したいポイント

靴を試履きした時に必ず確認したいポイント

2011年03月04日作成

 views

お気に入り

はじめに

靴は長時間履いて歩き回ったりするので、自分の足に合ったものを選ぶ必要があります。時間を掛けて何回も試履きすることが大切ですね。

そこでこの記事では、靴を試履きした時にぜひ確認したいポイントを具体的にまとめてみました。

靴の試履きで確認すべきポイント

つま先・かかと・甲の当たり具合

まず大切なポイントはつま先・かかと・甲の当たり具合です。この3箇所をきちんと確認しておかないと、小さすぎても大きすぎても履いてから短時間で靴ずれを起こしてしまいますので要注意です。

これは靴のデザインによって大きく左右されます。靴によって足に合うサイズが1センチ違うという方もいらっしゃるでしょう。サイズだけで選ぶのではなく必ず試履きが必要です。

同じサイズでもワイズが違うと特に甲への当たり具合がかなり変わってきますので、つま先やかかとは大丈夫で甲だけ窮屈な場合などはシューフィッターやショップのスタッフにワイズ違いがないか聞いてみましょう。

素材・手入れの仕方

チェックしたい別のポイントは靴の素材や手入れの仕方です。きちんと手入れしないとすぐに汚れが染み付いてしまう素材もありますので忘れずに聞いてください。

もし自分が初めて選ぶ素材や特殊な素材の場合はシューフィッターに手入れの仕方を確認したり、必要であれば専用のクリーナーなどを教えてもらうことができるでしょう。

また、天然素材の場合は最初はきつく感じても履いているうちに自分の足に合ってくる場合があります。これもスタッフに聞いてシューキーパーなどが必要かどうか確認しましょう。

ヒールの高さ

もう一つのポイントは、ヒールの高さを確認することです。特に女性が靴を選ぶ場合には重要になってきます。デザインだけで選ぶと後悔する可能性もあります。

もちろんヒールの高い靴がすべて不安定だというわけではありません。高く見えても履いて歩いてみると安定感があり、少し長い距離でも問題なく歩くことのできる靴もあるでしょう。

ただ「サイズが合うから」とか「デザインが気に入ったから」というだけの理由で、多少不安定さを感じても無理をして選んでしまうと転んで足腰を傷める可能性もあるので気をつけてください。

おわりに

いかがでしょうか。ごく基本的なポイントに絞ってまとめてみました。ぜひ新しく靴を選びに行く際に参考になさって、ご自分の足に合う靴を上手に選んでくださいね。

Photo by http://www.ashinari.com/2010/01/21-033360.php

この記事で使われている画像一覧

  • 20110303194046

本記事は、2011年03月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る