生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 新入社員のための、好印象を残しつつ飲み会を楽しむ方法

新入社員のための、好印象を残しつつ飲み会を楽しむ方法

2013年03月07日更新

 views

お気に入り

はじめに

新入社員仲間の皆さんにとっては、歓迎会での「飲み会作法」は難しいものですね。特に筆者はお酒にとても強い肝臓を持つわけでも無く、また体育会系でも無い(むしろド文系です)のでどうしていいか判らない事も多々ありました。

そこで会社の先輩から伝授頂いた、とっておきの飲み会戦術をご紹介致します!

やり方

STEP1:開幕直後の二三杯は積極的に飲む姿を見せる

開幕直後に訪れる「乾杯」。かんぱーい!の掛け声の後には一瞬の空白が生まれます。

誰もが互いに様子を伺うそのタイミングでは、積極的に飲む姿を見せましょう。シラフの先輩方に「あいつ飲んでるな」という印象を与えることが出来ます。

STEP2:「ご歓談モード」のタイミングでは働くことに徹する

先輩方がシラフな間に積極的に数杯飲むことで、頑張ってる姿を印象付けられたと思います。実はこの頃には、先輩方もご飯を食べたり自分も飲み進めているうちにいい感じのホロ酔い状態になっています。

……と同時に、空いたグラスや使用済の取り皿、灰皿などが溜まってくる頃。このタイミングでは、ビールを頼む、注ぐ、取り皿や料理を注文する、灰皿を交換するなど宴席の維持に徹します。

これにより、「あいつ気が利くな」という印象を与えると同時に、働いてる間は飲まずに休息することが出来ます。

STEP3:印象付けに終盤はまたちょっと飲む

そうこうしている内、場が落ち着いてくる、おとなしくなるタイミングがやってきます。ここでまたちょっと飲むことで、停滞した場の空気を盛り上げることが出来ます。

かつ、場が落ち着いている分注目を集めることが出来るので、より一層「あいつは頑張ってるなぁ」という印象を与えることが出来ます。

おわりに

宴席での気配り、頑張りは予想以上に見られているものだそう。「夜に細やかな気配りが出来るやつは、昼間も気配りのある仕事が出来る」と思って頂けるとか。好印象を残しつつ、楽しみつつ、そして潰れない宴席ライフを送りましょう!

たまには「もうダメっすー><」と潰れた姿を見せるのも、可愛がって貰うコツですよ。

(Photo by http://www.ashinari.com/2011/01/05-344534.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120228132553 4f4c5751e6ce7

本記事は、2013年03月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る