生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 伊達政宗をもっと知るマンガ3作

伊達政宗をもっと知るマンガ3作

2011年03月03日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

格好いい人などを表す「伊達者」とは、仙台六十六万石の大名・伊達政宗の洒落たセンスや振る舞いを褒め称えるために作られた言葉だとも言われています。

そんな言葉の通り、マンガで描かれる政宗は、イケメンだったり曲者だったりと個性的です。今回は、メジャーどころから知る人ぞ知る作品まで、政宗の登場するマンガをご紹介します。

花の慶次~傾奇者に憧れて

花の慶次―雲のかなたに (第1巻) (Tokuma comics)
傾奇者・前田慶次が広く知られるきっかけとなったマンガ(原作は隆慶一郎「一夢庵風流記」)では、豊臣秀吉の小田原攻めの直前から登場します。母に疎まれひねくれていた政宗ですが、豊臣家の使者として訪れた慶次とのぶつかり合いの中で成長する姿は一読の価値ありです。

へうげもの~眼帯D

へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
「ひょうげもの」と発音します。俗物武将・古田織部の数奇と欲に満ちた人生を描くこのマンガでは、政宗は千利休の弟子として登場します。アルファベットのDをあしらった眼帯を身につけ、東北の大大名として不気味な存在感を見せつけます。現代の歌舞伎のようなステップを踏むのも、実は伏線だったり…。

へうげもの・アニメオフィシャルサイト

バリエンテス~よき主君

伊達の鬼軍師片倉小十郎 1 (BUNCH COMICS)
惜しくも休刊したコミックバンチにて連載されていた「伊達の鬼 軍師片倉小十郎」が、後継誌・コミックゼノンにて仕切り直しして始まったのが、この「バリエンテス」です。守り役兼名参謀の片倉小十郎景綱の人生をドラマティックに描き出しています。実際のエピソードと創作を巧みに織り交ぜたストーリーや、美麗な画風が魅力的です。

政宗は幼少の頃から姿を見せます。小十郎との名コンビの将来に期待です。

バリエンテス・コミックゼノンオフィシャルサイト

おわりに

政宗は晩年、「戦国の生き証人」として将軍・徳川家光から祖父のように慕われ、よく昔話を語って聞かせていたそうです。政宗の登場するマンガ作品は他にもたくさんあります。ぜひ書店で探し、家光のような気分を味わってみてください。

本記事は、2011年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る