生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 自分に似合うメガネフレーム選びのコツ

自分に似合うメガネフレーム選びのコツ

2012年07月27日更新

 views

お気に入り

はじめに

かなり以前ですが「メガネはあなたのお顔の一部です。」というメガネ専門店のテレビコマーシャルがありましたが、まったくもって同感です。

体の一部であり、ファッションですから、自分のファッションと統一された雰囲気のフレームを選ぶと、あなたに似合うフレームが選べます。

自分に似合ったメガネは、かけていても楽しいですし、似合っていると自分の気持も落ち着きます。精神面にも影響してきますので、メガネ選びは大切です。

自分に似合うメガネフレーム選びのコツ

自分の持つ雰囲気に合わせる

先にも書きましたが、メガネフレームはファッションです。自分がキュートな可愛い系か、品の良いお嬢様系かなど、自分の雰囲気にあったフレームを選びましょう。

フレームのデザイン

顔の輪郭とフレームラインの関係

【俵型】
どんなフレームでも合いやすいですから、後は自分の好みや雰囲気に合わせましょう。

【丸顔】
丸顔の人に丸いフレームラインは、丸みを強調してしまいます。

ほっそりと面長に見せたいなら、下の縁が無いフレームがおススメです。上下幅の狭いフレームは、シャープさを出します。

【四角顔】
角のあるフレームラインは、ますます角を強調してしまいます。丸みのあるフレームを選ばれると良いでしょう。

慎重に選んでご機嫌なメガネを作りましょう。

沢山かけてみたり、センスのいいお友達に一緒に行ってもらうのもいいですね。

レンズの色選び

主に水色系とパープル系がありますが、あなたの肌の色や雰囲気に合わせましょう。

今はほとんどの人が色を入れます。入っていないのは、写真を撮ったとき反射して、メガネが真っ白!という状態になります。(今はそういうメガネを作る人はいないと思いますが)

色が入っていると、紫外線から目を守ってくれたり、夜の照明器具対しても有効に働きます。

念のため眼科の処方箋を持って行く。

今はメガネ専門店にも、視力、視界の幅、見え方など計る素晴らしい機械が置いてありますが、念のために眼科へ行って視力などの処方箋を持っていくことをおススメします。

正しいレンズを選ぶことで、メガネでの生活が楽になります。

おわりに

今のメガネは昔のものと違って、曇り止めがしっかりしていたり、何かと便利ですが、やはり裸眼と違ってわずらわしい物があります。

せめて素敵なメガネを選んで楽しみましょう。

Photo by メガネ達 / amika_san

この記事で使われている画像一覧

  • 20110302114944

本記事は、2012年07月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る