生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 子供慣れしていない人が上手に子供とコミュニケーションをとる方法

子供慣れしていない人が上手に子供とコミュニケーションをとる方法

2011年03月03日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

普段子供と接する機会がない方は、なかなか子供とのコミュニケーションのとり方がわからない方も多いかもしれません。そこで今回は、子供慣れしていない人でも、子供と上手にコミュニケーションをとる方法をご紹介します。

是非参考にして頂き、子供と接する機会があれば、その貴重な時間を楽しんでくださいね。

はじめは笑顔が肝心!

まず、子供に接する際には、必ず笑顔でいることを心がけましょう。子供はどの年齢であっても、初めて会う大人には萎縮するものです。たとえ人見知りをしない子供であっても、「この人はどういう人なんだろう?」と警戒心を抱くもの。まずはそんな緊張感や警戒心を取り払うことが大切です。

そのため一番大切なのが優しい笑顔です。笑顔さえキープできていれば大丈夫!どんな子供でも、あなたに対して少しずつ距離を縮めてきてくれるはずです。

子供によって慣れるまで要する時間は異なりますが、まずは笑顔で初対面の表情に気をつけてあげてくださいね。

一緒に遊ぶのが一番!

子供と上手にコミュニケーションをとるためには、子供と一緒になって遊ぶのが一番です!どんな遊びでも構いませんので(危険なもの以外)、子供と一緒になって楽しめる遊びをしてみましょう。自分が子供の頃にしたものでも良いでしょう。

  • いないいないばぁ
  • かくれんぼ
  • 鬼ごっこ

また、自分が得意とする遊びを子供に披露したり、教えるのもお薦めです。

  • マジック
  • 紙ヒコーキ
  • あやとり

子供は一緒に楽しく遊ぶことで、どんどんと距離感を縮めてくるものです。子供慣れしていない方でも、子供との接し方など難しく考える前に、自分も楽しく遊んでしまう方がずっと簡単です。

自分も童心に返って思いっきり一緒に楽しい時間を過ごしてみましょう。

適当な対応は止めましょう!

気をつけていただきたいのが、子供に適当な対応をすることです。意外と子供は、そんな大人の態度に敏感なもの。一度子供と向き合うことや一緒に遊ぶことを決めた時には、子供に集中してあげてくださいね。

決して「ながら遊び」などは止めましょう。例えば、テレビを見ながら適当に相槌を打ったり、大人同士の会話をしながら、適当に片手間で遊ぶなどは避けた方が良いでしょう。もしも、自分が何かしなければいけないことがあるならば、子供との遊びを中断し、「少し待っててね」と約束をすれば良いのです。

子供に対しても、こういった配慮を忘れずに接してくださいね。

おわりに

いかがでしょうか?そんなに難しく考える必要はありません。子供と遊んだり、会話をするのは本当に楽しいものです。慣れるまで焦らず、じっくり時間をかけながら子供との距離を縮めてみてくださいね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130926153743 5243d637c7ce3

本記事は、2011年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る