生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 合コンのネタに!『ガラスの仮面』を学ぼう!

合コンのネタに!『ガラスの仮面』を学ぼう!

2011年03月02日作成

 views

『ガラスの仮面』は、美内すずえ氏による人気少女漫画です。1976年に連載スタートし、2011年3月2日現在、単行本が46巻まで既刊。30年以上も続いている超ロングセラー漫画です。

平凡な少女・北島マヤが、大女優に向かって成長していく過程を描いたものです。30代以上の女性であれば、必ずなじみのある漫画でしょう。合コンでネタにすれば盛りあがること間違いなしなので、男性も読むべし。

とはいうものの、長編漫画なので、忙しい人は、なかなか通読できないでしょう。そこで、当記事では、『ガラスの仮面』のポイントを3つにまとめました。ぜひ、合コンで話のネタにしてください。

目次

その1:『ガラスの仮面』は少女コミック版『巨人の星』

男性は、『ガラスの仮面』のイラスト(上のリンク先にあります)を見ただけで、抵抗感を覚えるかもしれません。

最近は、男性向き漫画なのか女性向き漫画なのか、見分けのつかない漫画が増えています。ところが、『ガラスの仮面』の絵柄は、少女漫画の王道。

顔の半分近くを占めるのではないかという大きな瞳(星が輝いてます)。長く豊かなまつげ。そしてロンゲぎみの美形すぎる男性キャラ…。

青年男子であれば、書店で手に取るのもためらうことでしょう。

しかし、そんな乙女チックなイラストとは裏腹に、『ガラスの仮面』の内容は「スポ根」。いわば少女コミック版『巨人の星』です。

主人公マヤの、演技に対する取り組みはすさまじいものがあります。例えば、三重苦のヘレン・ケラーを演じる為に目隠し・耳栓状態で生活してみたり、嫌がらせですり替えられた泥まんじゅうを舞台で食べてみたり。

演技のためにそこまでするか?と突っ込みたくなる要素満載なのが、『ガラスの仮面』です。

また、星飛雄馬にライバル花形満がいたように、マヤにも姫川亜弓というライバルがいます。姫川亜弓は、平凡なマヤとは対照的に美人のお嬢様。また、父が映画監督・母が女優で、才能・環境ともに恵まれています。

そんなライバル対決がある点でも、『ガラスの仮面』の本質は「スポ根」であるといえるでしょう。

合コンで、

「『ガラスの仮面』って、スポ根漫画だよね?」

と、隣の女性に話しかけてみてください。きっと意気投合できること間違いありません。

その2:結局、『紅天女』は誰の手に?

マヤの究極の目標は、師匠である月影千草がかつて演じた幻の名作『紅天女』を演じること。その『紅天女』をめぐって、マヤと亜弓は火花を散らしています。

予定調和的には、主人公マヤが演じることになるのでしょうが、敢えて「一体どうなってしまうの?」とドキドキしながら展開を見守るのが『ガラスの仮面』の醍醐味です。

合コンの席で、ぜひ「『紅天女』は誰が演じるのか」について議論しましょう。また、その際、敢えて主人公マヤではなく、「姫川亜弓支持」にまわると、好感度アップです。

というのも、登場当初こそは「意地悪・高飛車お嬢様キャラ」だった亜弓ですが、物語が進むにつれ、泥臭い面が浮き彫りになってきます。

芸能一家に育ち、小さい頃から「演技の天才」とチヤホヤされてきたものの、実は陰では涙ぐましい努力をしている亜弓。そして、「親の七光り」に苦悩しているあたりも、非常に人間くさいのです。

一方、主人公マヤは、表面的には「平凡な少女」なのですが、演技においては天性の才能を持っています。また、「天才」によくある例ですが、マヤにも独特の天然ボケさがあって、時に読み手を「イラッ」とさせることがあります。

正確な統計をとったわけではありませんが、『ガラスの仮面』の読者層は、マヤよりも亜弓を支持している人が多いのではないでしょうか。

ただし、男性は、亜弓を支持する理由を「美人だから」などと言ってはいけません。あくまで亜弓の努力家なところを認めてあげましょう。

その3:マヤをめぐる男性模様

前述のように、『ガラスの仮面』はスポ根漫画ですが、少女漫画らしいロマンスがないわけではありません。

特に、女性読者にとって関心が高いのは、「『紫のバラの人』とマヤはどうなるのか?」という点でしょう。

「紫のバラの人」というのは、演技に励むマヤを金銭的・心理的に支えている「足ながおじさん」のような謎の人物。その正体は、速水真澄という青年社長です。

マヤと真澄とは、立場の違いやちょっとした誤解の積み重ねにより反目し合っていますが、内心では惹かれ合っています。また、最近ではマヤは「紫のバラの人」の正体にほぼ気付いています。

ただし、真澄は、諸事情により、ある令嬢と婚約中。マヤと真澄との恋愛が成就するには極めて厳しい状況です。少女漫画の王道パターンですね。

さらに、マヤとは古くから友人関係にある桜小路優(さくらこうじ・ゆう)というさわやか俳優青年がマヤに思いを寄せています。

こうしたマヤをめぐる恋愛問題が、どういう結末を迎えるかも、『紅天女』の行方同様に、重大なテーマとなっています。

そこで、合コンネタとしてお勧めなのは、「『ガラスの仮面』の男性キャラで誰が好きか?」という話題です。

大多数の女性がおそらく「速水真澄」でしょう。容姿端麗で、かつ、有能な実業家。マヤを陰で支える大人の男性でありながら、恋愛面では不器用というのが、非常にポイントが高いです。

もし、お目当ての女性が「速水真澄派」であれば、あなたも「有能な大人の男性」を目指すべきです。何かの機会に「紫のバラ」を贈るのもいいでしょう。

一方、「桜小路優派」であれば、さわやか好青年を目指しましょう。

バラ苗 ブルーバユー 国産大苗6号鉢 フロリバンダ(FL) 四季咲き中輪 紫系

ちなみに「平凡」なはずのマヤがモテモテ。「美女」のはずの亜弓には、浮いた話1つないというのは、『ガラスの仮面』の摩訶不思議です。

おわりに

いかがでしょう。少女漫画『ガラスの仮面』を通じて合コンで盛り上がる方法についてご理解いただけたでしょうか。

当記事が、あなたが『ガラスの仮面』に興味をもつきっかけになれば幸いです。

本記事は、2011年03月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る