生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. アメリカ留学中のお金の管理方法

アメリカ留学中のお金の管理方法

2011年03月02日作成

 views

一概にアメリカに留学とはいっても、3ヶ月、半年、1年、3年と期間は人によってまちまちですよね。

旅行で行くアメリカなら「トラベラーズチェック」と「現金」だけで十分でも、1年以上の留学を考えている場合は、別のお金の管理方法が必要になってきます。

また、もし大学に入学を検討している場合は、アメリカの銀行の口座を開設し、チェックで学費を支払う方法が一般的になってきます。

そこで、今回はアメリカ留学中のお金の管理方法についてご紹介します。

アメリカ留学中のお金の管理方法

シティーバンクに口座を開設しそのキャッシュカードで、現地通貨を引き出す方法

日本のシティーバンクには「ワールドキャッシュカード」というキャッシュカードがあり、全世界170か国の現地通貨で引き出すことができます。

現金の引き出しは、アメリカのシティーバンク内にあるATMですることになります。場所によっては「日本語表示」できるATMもあるので、まだアメリカに行ったばかりの方には安心です。

また、1日の引き出しのリミット額を自分で設定することもできるので、万が一、カードを落とした場合にも安心です。

また、引き出したときに、登録しておいたEメールアドレスに「いくら引き出したのか」連絡をくれるうれしいサービスもあるので、不正使用の場合にもすぐに気付くことができます。

まずは「インターネット支店」または「支店」で口座を開きましょう。

詳しくは、こちらのシティーバンクのホームページを参考にして下さい。
シティーバンクJapan 新規口座開設

アメリカの銀行に口座を開設する方法

大学に入学するなら思い切って、アメリカの銀行に口座を開くのもいい方法です。

多額な現金での支払いは常に危険が伴うからです。「チェック」での支払いならば不正使用の証拠が残ります。特に大学に支払う授業料や教科書代はかなり多額になりますので、ぜひこの方法で支払いたいものです。

理想的(安全)なお金の流れは以下の通りです。

「日本のシティーバンクで口座を開く」→「それをアメリカで現地通貨(USドル)で引き出す」→「その現金をアメリカの口座に入金する」→「チェックまたは銀行クレジットカードで支払う」

そこで、アメリカの銀行口座の開設に必要なものですが「パスポート(学生ビザが貼り付けてあるページ)」または「アメリカ国内の運転免許証(ID)」と少しの現金です。必要な現金は銀行によって異なります。

まずは、口座を開設したい銀行の支店に行って詳しく聞いてみましょう。アメリカの銀行にも日本の銀行と同じように「安全な銀行」と「いまいち不安定な銀行」があります。

語学学校のスタッフやホームステイ先の方に、現地の人がよく使うオススメの銀行を教えてもらってから開設することを強くオススメします。

おわりに

留学先では「お金だけ」があなたを守ってくれます。ですから、しっかりと管理したいものですね。

Photo by 足成 http://www.ashinari.com/2009/04/27-018097.php?category=30

参考記事

[nanapi:19239]
[nanapi:20140]
[nanapi:20797]
[nanapi:20795]
[nanapi:21132]

この記事で使われている画像一覧

  • 20110301071021

本記事は、2011年03月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る