生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 他とは少し違う学生のための100点を狙える英語勉強術!

他とは少し違う学生のための100点を狙える英語勉強術!

2014年01月22日更新

 views

お気に入り

はじめに

英語というとまず一番に必要なのは生きた英語を使える
英会話が出来るということだと思います

しかし、もう一つ英語を習得しないといけない機会
そう英語のテストです
しかもこれは全員に降りかかってきます

英語に対して苦手意識を抱いている方もいると思いますが
ちゃんと理解できるようになると思います

ちなみに僕は以下で紹介する方法で100点を取ったことがあります

脅すわけじゃないのですが英語というのは
比較的簡単な科目でテストの際は他の科目より平均点が高いと思うので、英語が苦手だとみんなと一気に離されてしまいます
しっかり理解しましょう

勉強の仕方

テストというもので点数が違う理由には以下の物があります

  • 勉強時間の違い
  • 勉強量の違い
  • 理解力の違い
  • 勉強の質の違い

こんな感じでしょうか
このレシピで重要になるのが、一番下の勉強の質です
(上二つは努力で、理解力はこのレシピの方法をやるとつくと思います)

その1 -されど学校のテスト-

そう、されどです!
(こんな事を言うと教職員の方に怒られるかもしれませんが・・・・)

所詮は学校のテスト

習ってない文法は出さないのです
個人的に重要なのは文法を理解することだと思います
(単語ももちろん重要です)

多くの場合、
教科書という物は「物語形式の長文、単語」が載っていると思います

はい、丸々覚えましょう!

・・・・はい それが手っ取り早いのです・・・・

一度でもテストを受けた方は分かると思いますが
英語のテストというのは

リスニング、単語、英作文、長文読解が基本になっています

丸々覚えることによって単語、英作文のトレーニングになります
英作文も教科書に出ている文の単語を
書き換えるだけというパターンが多いので

丸々覚えると言いましたがその文の作り方を理解します

さて覚えましたか?
それによって単語、文法を理解できましたね?

その2 -覚えたら練習有るのみ-

覚えたら使って脳に刻み込みます

練習にワークを使ってもいいですし
ノートに自分で日本語を書いてそれを英文に直していく等
オリジナルでいいです

反復で練習することによって、
徐々に英文を完全に作成できるようになると思います

その3 -語彙力も必要-

やはり単語も重要です
それには主に辞書を使います(電子辞書の方が早くてオススメ)

まず
1.知らない単語はその場で調べる
2.調べた単語はノートにまとめておく
3.調べた単語の意味をすべて書く

 (例えば「kind」には「親切」だけでなく
   「種類」という意味もある等書いておいてください)

4.言葉の品詞を書く(最初はわからないと思いますが、
             理解すると便利です)
5.調べた単語の類義語、対義語も調べる

上5つをしっかりこなしてください
後、対義語より類義語の方が重要です
(前につく動詞によって単語が違ったりするので)

その3 -長文読解には長文を読むしかないかな-

こればっかりはフィーリングでやってました。。。。。

えとオススメは英語の長文読解用ワークを買ってきてやる。。。。。

これが一番無難ですかね

長文やる際に気をつけて欲しいのは代名詞です
必ず it,this,that等代名詞が出てくると
それが何を指しているのか把握しておいてください

その4 -リスニングが苦手ならとにかくlisten!-

苦手なら洋楽等聴きましょう
はいそれだけです(`・ω・´)

コツは2回読むと思うので
1回目で概要把握、2回目で解答を掴むという風にするといいと思います
あと選択肢は問題開始前に読みましょう

おわりに

ここまでやればほぼ90点台はとれると思います

大人になったときの英語のために
学生時代からコツコツ頑張ってみてください!

本記事は、2014年01月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る