\ フォローしてね /

樹脂粘土・軽量粘土で作るスイーツデコパーツの作り方(マシュマロ編)

今回は軽量粘土を使って、マシュマロを作ります。とっても簡単に出来ますので、是非作ってみてください。今回は2種類のマシュマロを作ります。

樹脂粘土・軽量粘土で作るスイーツデコパーツの作り方(マシュマロ編)

必要なもの

  • 軽量粘土:100円ショップで買えます。
  • 絵の具(アクリルまたは水彩):お好きな色を使用してください。
  • 粘土スケール:手芸屋・画材屋などで500円くらいで売っています。軽量スプーンでも代用可能です。
軽量粘土は水に弱いため、使う部分に応じて、水分から守るために仕上げにニスを塗ることをオススメします。

マシュマロの作り方(ノーマル)

STEP1:粘土を適量出してこねます。

軽量粘土を取り出し、手でこねます。色をつける場合は、極々少量のアクリル絵の具(または水彩絵の具)をつけて、色がまんべんなく均一になるようにこねましょう。

STEP2:粘土スケールで型をとります。

粘土スケールや軽量スプーンを使って、量を測ります。

STEP3:取り出して、形を整え、乾かして完成です。

マシュマロを思い出して、形を作ります。

1日~2日ほど乾燥させたらできあがりです。用途に応じて、ニスを塗りましょう。

マシュマロの作り方(ねじり)

STEP1:粘土を適量出してこねます。

軽量粘土を取り出し、手でこねます。同量の粘土に白以外の極々少量のアクリル絵の具(または水彩絵の具)をつけて、色がまんべんなく均一になるようにこねます。

STEP2:粘土を細長くし、ねじります。

粘土を細長く成形します。

2色とも同じ太さにしたら、一緒にしてねじります。

STEP3:細かく切り、乾かして完成です。

2をカッターなどで短く切っていきます。形を整えて、1日~2日ほど乾燥させたらできあがりです。用途に応じて、ニスを塗りましょう。

おわりに

マシュマロは、デコパーツでも小さくて使いやすいパーツのひとつです。スキマを埋めるのに役立ちますので、いろんなサイズを作っておくと便利でしょう。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。